« モン・ロワ | トップページ | ナイトシフト ファイナル »

2018年3月22日 (木)

ブル 法廷を操る男

第1シーズンの全23話を見ました。

正直言って期待していたほどではなかったのですが、他に法廷ドラマを見ていないことと、陪審員選定の専門家に焦点を当てているのが目新しいこともあって、見続けることはできました。

それに、単なる裁判劇では飽きてしまうとの判断でしょうが、依頼人などの設定に工夫を凝らしている努力は感じました。

オフィスに閉じ込められた模擬陪審員が過去の裁判を見直すエピソードは面白かったし、軍の機密をリークしてスパイ容疑になる「スノーデン」のような依頼人や、なけなしのお金をすって訴える話は「マネー・ショート」を思い出し、リアルな設定が楽しめる作りでした。

ラスト3話は、私が結構好きなエリザ・ドゥシュク(「ドールハウス」)が登場し、情報公開を拒否するIT企業を守る話もタイムリーだったし、少しずつこのドラマを楽しめるようになりました。

この調子で、次シーズンも継続視聴しようと思っています。


Bull」(2016~2017年アメリカ)

« モン・ロワ | トップページ | ナイトシフト ファイナル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブル 法廷を操る男:

« モン・ロワ | トップページ | ナイトシフト ファイナル »