« スリー・ビルボード | トップページ | ニュー・トリックス ファイナル »

2018年2月 5日 (月)

This is Us 36歳、これから

昨年の「エミー賞」と今年の「ゴールデン・グローブ賞」で評価されていたこちらのドラマの第1シーズンを見終わりました。

続いたストーリーを見るのは苦手ですが、こちらはごく普通の生活を描きながらも意外な展開が多くて、飽きずに見続けられました。
それに、家族の絆とゴタゴタを描いているところが、以前見ていて結構好きだった「ブラザーズ&シスターズ」を思い起こしました。

同じ誕生日の4人(ジャック、ケヴィン、ケイト、ランダル)が出てきたのを見て、たまたま同じ日に生まれた他人を同時進行的に見せるのかと思っていたので、まさか家族とは思いませんでした。

4人それぞれ波乱の多い人生ですが、私は女性だし、ダイエットに悩む同志として、やっぱりケイトに親近感を覚えます。

あんなに優しい恋人がいながら、何で素直に幸せになれないのだろうとも思うけれど、長年蓄積してきたコンプレックスは、そう簡単には解消できませんよね。

私が気に入ったエピソードは12話目で、36歳の3人は出なかったけれど、ジャックの妻レベッカの出産の日の出来事が、赤ちゃんを取り上げたドクターKや捨て子を拾った消防士の人生にも、ちょっとずつ影響を与えたことがわかる、いい話でした。

最終話で父親の死の詳細が明らかになるのかと思ったら、次へ持ち越しとなってしまいましたが、尚更、先のストーリーが楽しみになりました。


This is Us」(2016~2017年アメリカ)

« スリー・ビルボード | トップページ | ニュー・トリックス ファイナル »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: This is Us 36歳、これから:

« スリー・ビルボード | トップページ | ニュー・トリックス ファイナル »