« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | マネー・ショート »

2018年2月16日 (金)

トランボ

ハリウッドの赤狩りのことはもちろん知っていましたし、デニーロ主演の「真実の瞬間」なんかも見ましたが、この映画が製作されるまで脚本家トランボのことは知りませんでした。

疑惑を持たれるだけでも大変な時代でしたが、トランボは正真正銘の共産党員だったんですね。
もちろん思想によって仕事や生活が脅かされるべきではないですが、彼の場合は平等の精神が信念にマッチしただけで、民主主義の良さも享受していました。

トランボを裏切ったエドワード・G・ロビンソンを責められないとも思いました。他人を売らないと自身の身に降りかかってくるわけで、その状況で仲間を守り続けるのは苦しいことでしょう。しかも、トランボはもう収監されていたので、名前を出しても害はないと判断しても仕方なかったのかなと。

そう考えると、アカデミー賞名誉賞が物議をかもしたエリア・カザンのことも責められないのかもしれませんが、どこまでが苦渋の決断か保身によるものなのか、判断が分かれるところかもしれません。

トランボもエドワード・G・ロビンソンもエリア・カザンも、映画人としては才能があったわけですし、だからこそ尚一層、信条や思想に左右されることなく、純粋に作品によって評価される世界であってほしいと思います。

映画好きとしては、ジョン・ウェインやカーク・ダグラスはもちろん、オットー・プレミンジャーやMGMのメイヤーといった名前が出てくるだけでワクワクしました。


Trumbo」(2015年アメリカ)

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | マネー・ショート »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランボ:

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | マネー・ショート »