« ヤング・アダルト・ニューヨーク | トップページ | クール・ランニング »

2018年2月24日 (土)

シン・シティ 復讐の女神

前作から10年近く経っての続編です。

相変わらず劇画タッチのダークな世界が展開し、犯罪者たちの巣くう街が非常に魅惑的でした。

マーヴ、ドワイト、そしてギャンブラーのジョニーの3人がメインの登場人物で、最初はオムニバス映画のように順に出てくるのかと思いましたが、同時並行的に描かれていました。

黒とグレーの背景の中で、女性たちの服や髪がカラフルに彩られ、それが逆に、女性は男性の飾り物と示しているように見えました。

血が飛び散るシーンも白黒だと何だか幻想的でしたが、マーヴの戦いぶりはちょっとグロかったし、ジョニーが指を折られる場面も痛々しかったです。

男性陣の周囲で、ナンシーやゲイルといった続投組もいますが、エヴァ・グリーンの悪女ぶりがやはり強烈でした。


Sin City: A Dame to Kill for」(2014年アメリカ)

« ヤング・アダルト・ニューヨーク | トップページ | クール・ランニング »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シン・シティ 復讐の女神:

« ヤング・アダルト・ニューヨーク | トップページ | クール・ランニング »