« ランゴ | トップページ | This is Us 36歳、これから »

2018年2月 4日 (日)

スリー・ビルボード

先月の「ゴールデン・グローブ賞授賞式」でも書いたように、サム・ロックウェル出演ということもあって気になっていた、こちらの映画を見に行きました。

娘を失った母親が、犯人がなかなか捕まらないのに業を煮やして、警察を挑発するような看板を立てる話と聞いていたので、もっとシリアス一辺倒かと思っていましたが、クスッと笑えるシーンも多々ありました。

特にサム・ロックウェルのディクソンが、警官にあるまじき言動を山ほどしますが、ちょっとおバカで短絡的な発想が面白くて。
行動は極端でも、育ってきた背景なんかを考えれば納得できるし、人間的なキャラクターを見事に演じた彼に、ぜひアカデミー賞の助演男優賞も獲ってほしいです。

ラストは思ったのと違うエンディングでしたが、私は結構こういう終わり方も好きです。
ただ、人によっては不満の残る形かもしれません。


Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」(2017年イギリス・アメリカ)

« ランゴ | トップページ | This is Us 36歳、これから »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリー・ビルボード:

« ランゴ | トップページ | This is Us 36歳、これから »