« ニュー・トリックス ファイナル | トップページ | コンカッション »

2018年2月 8日 (木)

クリミナル・マインド シーズン12

今シーズンも無事終了しました。

シリーズも12年目となると様々ありますが、やはりまずは「大人の事情」(と表現されていた)によるトーマス・ギブソンの降板ですよね。
ドラマ内では、しばらく特別任務で不在との説明があり、数話の後に辞任という形で決着がつきました。

後任になったのはプレンティス。JJといい、出戻りが多いのがこのシリーズの特徴で、2人の人気の高さが理由でしょうが、そもそも以前降板したのはなぜなのかな? ギャラの問題か、製作陣が番組の方向性を見誤ったからなのか。

そして、今シーズンでモーガンの代わりに入ったのが、ルーク(「CSI:マイアミ」のデルコことアダム・ロドリゲス)とクリマイ初の増員メンバーとなったウォーカー。


ガルシアが、新加入のウォーカーに対しては普通に接しているのに、ルークに厳しいのはなぜ? いつまでも「Newbie」(新入り)と呼び続けているし、モーガンの代わりが受け入れられないのでしょうか。第17話でようやくルークと呼んでいましたが。

長寿ドラマによる弊害は、ストーリーに趣向を凝らそうとしすぎることですが、スペンサーがメキシコで逮捕され、刑務所にまで入っちゃうのは、個人的には行き過ぎに感じました。精神的に参っていくリードなんて見たくなかった!

メインキャラが容疑者になったり逮捕されたりすることはあっても、一定期間収監されるなんて前代未聞かも。しかも、裁判前なのに重犯罪の収容施設に入れられちゃうなんてあり得ない・・・。

というわけで、だんだん関心もビミョウになってきましたが、ウォーカーはちょっと素敵だし、彼の活躍次第では、私も興味を取り戻すかもしれません。


Criminal Minds」(2016~2017年アメリカ)

« ニュー・トリックス ファイナル | トップページ | コンカッション »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリミナル・マインド シーズン12:

« ニュー・トリックス ファイナル | トップページ | コンカッション »