« 刑事モース シーズン4 | トップページ | グランチェスター シーズン3 »

2018年1月15日 (月)

Hawaii Five-O シーズン7

年明けに「映画にシフト」と書いたのに、海ドラ記事が続いていますが、年末から年始にかけて見終わらなかったドラマを必死で消化中なので、もうしばらくお付き合いください。

こちらのドラマは、第7シーズンが終了したところです。

今シーズン冒頭では、マシ・オカがレギュラーに帰ってきた!と思ったけれど、もしかして別ドラマ(「ヒーローズ・リボーン」?)で休み中だっただけなのでしょうか。でも結局シーズン半ばで再び去ってしまいました。

注目はやっぱり「マクガイバー」でも触れたクロスオーバーと言いたいところですが、残念ながらこちら側ではなくて、チンが「フェニックス財団からの情報で・・・」と言ったり、スティーヴがコノに「活躍したそうだな」と言われて「ジャックはスティーヴに似ている」と返したり、そんな程度でした。
来シーズンはもう少し本格的なクロスオーバーをしてもらえるといいな。

チンとコノが今シーズンで降板と聞いていたので、最終話が気になりましたが、チンはアビーと共にサンフランシスコへの異動の話が出ていたものの明言はされず、コノの方は少女売春組織を壊滅すべく単身本土に渡っていくという、かつてのキャサリンのような去り方でした。

良かったエピソードは第14話のハワイ自治区についての話で、ちょうどその頃スペインのカタルーニャ地方の独立問題があってタイムリーでした。
また第22話では、銀行強盗の元軍人ディラン・ブルーノ(「Numbers」)が、欲目もあってスティーヴよりずっとカッコ良かったです。


Hawaii Five-O」(2016~2017年アメリカ)

« 刑事モース シーズン4 | トップページ | グランチェスター シーズン3 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hawaii Five-O シーズン7:

« 刑事モース シーズン4 | トップページ | グランチェスター シーズン3 »