« 第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式 | トップページ | 第1級殺人 »

2018年1月10日 (水)

スコーピオン シーズン3

第3シーズンが終了しました。
今シーズンについて書く前に、まずは記事を書いていなかったシーズン2について。

ドラマ「エイリアス」で私が好きだったケビン・ワイスマンが、社会奉仕するウォルターの仲間レイ役で出て、数話にわたって準レギュラー並みに出たのが嬉しかったですね。
レイはシーズン3でも、何度か登場しました。

また、映画「アルゴ」のような設定のエピソードがあって、映画撮影隊のふりをして潜入するミッションで、結果的にスーパーヒーローのコスチュームに身を包むことになったメンバーですが、ケイブの半ズボン姿が可愛らしくて笑えました。

シーズン3の注目はやはり、ペイジのお騒がせ母でゲスト出演のリー・トンプソン! 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のヒロインも今やおばあちゃん役に・・・。

ペイジといえば、シーズン初めはティムとイチャイチャしていたくせに、ウォルターが正面切って告白したら、あっさりくっつくってどうなの? ティムはすっかり過去の人になってしまい、ちょっと可哀想でした。

でも一番気になったのは、ハッピーがモロッコで撮影していた元カレのジェイクに会いに行った話で、トビーが「8年前ってことは、『プリンス・オブ・ペルシャ』のジェイク・ギレンホールか?」と言っていたけれど、思わず「ホントかよ⁉」と突っ込んでしまいました。

もちろん、同じ撮影隊にもう一人ジェイクがいた(クルーかエキストラで)いた可能性もありますが、ハッピーはトビーの発言を否定せず・・・。

そんなこんなでツッコミつつも、気楽に見られるドラマを楽しんでいます。


Scorpion」(2016~2017年アメリカ)

« 第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式 | トップページ | 第1級殺人 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スコーピオン シーズン3:

« 第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式 | トップページ | 第1級殺人 »