« 母の身終い | トップページ | ブルゴーニュで会いましょう »

2017年10月14日 (土)

運命の銃弾

連続ドラマ形式とわかっていたので、一話完結好きの私としてはどうかなと思いましたが、社会問題を扱った硬派な話に興味を引かれ、見てみることにしました。全10話と短めだったこともあり、何とか最後まで見ることができました。

人種問題に絡んだ殺人事件の捜査ではありましたが、犯人探しが中核ではなく、事件を通して関係する人々が―被害者・加害者と家族だけでなく、捜査する側の人たちも―どのように影響を受けて考えや行動が変わっていくのかを描いていました。

差別そのものの存在はもちろんのこと、州知事や地元の活動家は事件を政治利用し、警察の腐敗や金持ちとの癒着などもあって、最初は要素を詰め込み過ぎではないかと思ったりもしましたが、結局中心がリアルな人間模様を見せるドラマだったので、それにはたくさんの側面が必要だったのかなとも感じました。

ラストも完全懲悪とはいかないところが現実的ですし、アメリカの実情についても考えさせられました。

主役の検察官と刑事役の2人は知りませんでしたが(女性刑事の方は後で「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」で見たけれど)、脇役には、スティーブン・モイヤーを始め、ウィル・パットン、ヘレン・ハント、リチャード・ドレイファス、ジル・ヘネシーら、なじみのある俳優が揃っていました。


Shots Fired」(2017年アメリカ)

« 母の身終い | トップページ | ブルゴーニュで会いましょう »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運命の銃弾:

« 母の身終い | トップページ | ブルゴーニュで会いましょう »