« ふたりのアトリエ | トップページ | 母の身終い »

2017年10月12日 (木)

ぼくを探しに

昨日「ふたりのアトリエ」を見た後で、またしばらくフランス映画の世界に浸りたくなり(厳密には昨日のはスペイン映画でしたが)、こちらの作品を見ました。

アニメ出身の監督らしく、全編アニメ的でカラフルなテイストでした。
主人公のポールは無口で地味なのですが、彼の2人のおばさんや、隣人のマダム・プルーストは、元気で派手だったし。

おばさんたちはポールを愛しているのですが、彼の感情面よりピアノの腕に関心があるようで、ポールが自分を気にかけてくれるマダム・プルーストに心を許していくのも良く分かりました。

2歳の時に封印された記憶を取り戻すための、まさに自分探しの旅で、この邦題は的確だと思います。ちなみに原題は、プロレスラーだった父親の名前。
でも、自分探しの旅が、こんな風に完結するとは予想外でした。

おばさんの一人、「私のように美しい娘」などのベルナデット・ラフォンは、この後亡くなったらしく、映画は彼女に捧げられていました。


Attila Marcel」(2013年フランス)

« ふたりのアトリエ | トップページ | 母の身終い »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくを探しに:

« ふたりのアトリエ | トップページ | 母の身終い »