« 素敵なサプライズ | トップページ | ボーダーライン »

2017年10月18日 (水)

白鯨との闘い

有名なメルヴィルの小説「白鯨」の基になった実話の映画化ですが、クジラとの戦いだけでなく、当時の捕鯨船の過酷さを描いていました。

知識や経験のない金持ちや貴族が人の上に立って混乱を招くのはよくある話ですが、生死のかかった船の上では困りものですよね。
仕事のできる部下に反感を持って、あえて違った方向を選ぶので、却って悪い事態を引き起こしてしまうのは、プライドの高さもあるでしょうが、このポラード船長の場合は、父親の期待に応えるプレッシャーもあったのだろうと思って、ちょっと同情しました。

大クジラがいなくなったと思ったのに、またしつこく姿を現した時には、漂流して体力を消耗したチェイスが仕留められると思えず心配になりましたが、心配する必要はありませんでしたね。
商業映画のイメージがあるクリス・ヘムズワースがこんな文芸作品に?と思っていましたが、ロン・ハワード監督らしく大作で、鯨のシーンはさすがの迫力でした。

アベンジャーズ仲間で新スパイダーマンのトム・ホランドが、孤児で新米水兵となった少年を演じていて、とても印象的でした。
また、メルヴィル役のベン・ウィショーは、昔(「パフューム」の頃)はあまり注目していなかったのですが、最近は「未来を花束にして」の主人公の夫とか、脇役ながら気になる存在になることが多いです。


In the Heart of the Sea」(2015年アメリカ)

« 素敵なサプライズ | トップページ | ボーダーライン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鯨との闘い:

« 素敵なサプライズ | トップページ | ボーダーライン »