« 警察署長ジェッシィ・ストーン | トップページ | アイム・ソー・エキサイテッド! »

2015年12月16日 (水)

今日のつぶやき: 外国人名の表記

ちょうど「警察署長ジェッシィ・ストーン」でカナ表記について思うところがあり、今回はこのテーマについて書きたいと思います。

外国の固有名詞をカタカナにするのは難しいですね。私のブログは、外国映画や海外ドラマについてばかりなので、カナ表記についてはかなり気にしています。

ブログ開始時に決めた方針は、俳優の名前は日本で慣例となっている表記に、登場人物の名前は字幕で使われていた表記に従うというものです。
主な例としては、Davidはディヴィッドという表記が一番発音に近いと思うのですが、あえてデビッドやデヴィッドとしています。


逆に言うと、発音に合わせてしまうと切りがなくなってしまい、マシュー・マコノヒーは実際はマコーノヘイって発音だし(厳密には「マシュー」も違う)、レニー・ゼルウィガーも「レネー」(しかも「ネ」にアクセント)なのに日本ではレニーと呼ばれて嫌がってたし、それでも全て通例に従うことで、自分が楽になっているというのもあります。

あまりに異なるからなのか、ウォーレン・ビーティがウォーレン・ベイテイとなったり、ニルヴァーナのカート・コバーンがカート・コベインになったりと、”公式”な表記が時として訂正されることもあり、その点も注意するようにしています。

英語やフランス語を話す者としては、発音の通りに書きたい気持ちもわかるのですが、原音から離れたカタカナ語も日本語文化の一つであり、大事にしていきたい気がするのです。

ずいぶん前に、DJなどでも有名な小林克也さんが、例えばMichael Jacksonのことを英語では「マイクゥル」(うまくカナ表記できない)と言うのに、日本語ではちゃんと「マイケル」と言って区別しているという話を聞いたことがあり、そのスタンスを見習いたいと思っています。

このブログ記事中でもし、「このカナ表記はちょっと...」と思うようなことがあれば、もちろんどんどん指摘していただきたいですが、私の方向性はご理解いただけたらと思います。

« 警察署長ジェッシィ・ストーン | トップページ | アイム・ソー・エキサイテッド! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ようさん、こんにちは。
うんうん、これわかります!
以前、翻訳のお仕事をしていた時はネットで、外国人名が一般にどうゆうカタカナ表記をしているかを探して一番ポピュラーと思われるものにしてました。
あと、外国人名のカタカタ表記と言えば、映画雑誌のスクリーンが独特表記で思い出に残ってます。ジャック・ニコルスンとか(笑)ちょっと発音に忠実なんですよね。なかなか難しいですよね。

うわさん、こんにちは。
スクリーンですか、うわー、懐かしい!
ジャック・ニコルスンって、確かに発音には近いけど、笑えますね。
興味深いネタをありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のつぶやき: 外国人名の表記:

« 警察署長ジェッシィ・ストーン | トップページ | アイム・ソー・エキサイテッド! »