« ホビット 竜に奪われた王国 | トップページ | ハンニバル・ライジング »

2015年4月 9日 (木)

今日のつぶやき: 素晴らしき英国俳優たち

私の英国俳優好きは、過去にも何度も述べていますが、来月からイマジカBSで英国男優を特集するそうなので(詳細はこちら→http://www.imagicatv.jp/info/pdf/150316_01.pdf)、私のお気に入り俳優についても紹介しようと思います。

イマジカのサイトで言及されているベネディクト・カンバーバッチやベン・ウィショー、ジェラルド・バトラーなどは好みじゃないのですが、私の好きな英国俳優(アイリッシュやスコティッシュを含む広義のUKアクター)は以下の通り。(順不同)


とにかくハンサムな顔が好き
ライナス・ローチ 「司祭」「Law & Order
ジョナサン・リース・マイヤーズ 「ベッカムに恋して」「マッチポイント」
イドリス・エルバ 「刑事ジョン・ルーサー」「マイティ・ソー/ダーク・ワールド
ケーリー・エルウェス 「アナザー・カントリー」「プリンセス・ブライド・ストーリー」
ジュード・ロウ 「リプリー」「コールド・マウンテン」
ルパート・ペンリー=ジョーンズ 「説きふせられて」「MI-5」
ジェイミー・バンバー 「S.A.S.英国特殊部隊」「Law & Order:UK


演技派なとこが魅力
ケネス・ブラナー 「から騒ぎ」「マリリン 7日間の恋
レイフ・ファインズ 「シンドラーのリスト」「ナイロビの蜂」
クリスチャン・ベール 「マシニスト」「ザ・ファイター
ティム・ロス 「パルプ・フィクション」「海の上のピアニスト」

見た目も才能も○
コリン・ファース 「英国王のスピーチ」「ブリジット・ジョーンズの日記
ユアン・マクレガー 「フィリップ、きみを愛してる!」「砂漠でサーモン・フィッシング
マイケル・ファスベンダー 「Shame」「悪の法則
クライヴ・オーウェン 「グリーンフィンガーズ」「ゴスフォード・パーク」

脇役がグッド
コリン・ファレル 「デアデビル」「クレイジーハート
マーク・ストロング 「ワールド・オブ・ライズ」「イミテーション・ゲーム
ジェレミー・ノーザム 「エマ」「理想の結婚」

そのユニークさに魅かれる
リス・イヴァンズ 「ノッティングヒルの恋人」「エレメンタリー
デビッド・シューリス 「太陽と月に背いて」「シャンドライの恋」

渋くてカッコいいオジサマ
ゲーリー・オールドマン 「裏切りのサーカス
ヒュー・ローリー 「Dr.House
ジェイソン・アイザックス 「アウェイク

作品内のキャラに惚れ
トム・ヒドルストン 「マイティ・ソー
ジョニー・リー・ミラー 「エマ 恋するキューピッド
マーティン・フリーマン 「銀河ヒッチハイク・ガイド
ライアン・カートライト 「Bones
トム・ハーディ 「裏切りのサーカス
ルパート・フレンド 「クレアモントホテル


10人ぐらい挙げるだけのつもりが、こんなにたくさんに。それにしても、改めてカテゴリー分けしてみると、顔だけで好きな人が意外に多くて、私って実は面食いだったのか…。

ちなみに引用している映画・ドラマは、当該カテゴリーの魅力を感じられると思われる作品を1-2本に厳選して挙げています。

« ホビット 竜に奪われた王国 | トップページ | ハンニバル・ライジング »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホビット 竜に奪われた王国 | トップページ | ハンニバル・ライジング »