« わたしはロランス | トップページ | フォックスキャッチャー »

2015年2月23日 (月)

第87回アカデミー賞授賞式

今年もこちらのイベントについてちょっとだけコメント。

結果速報を見ないように、日中はずっとインターネットから遠ざかって仕事をしていたのですが、気を許した隙に作品賞だけ知ってしまいました…。でも、気を取り直して授賞式を視聴。ニール・パトリック・ハリス(「ゴーン・ガール」)の司会も楽しみだったし。

で、その司会ぶりですが、以前エミー賞の司会をした時(→こちら)よりは、やっぱりちょっと正統派だったかな?と思ったら、いきなりパンツ一丁で出ちゃって、ええ⁈ っとビックリ。服を着てない司会者なんて前代未聞ですよね。

授賞シーンで印象に残ったのは、「イミテーション・ゲーム」で脚色賞を取った男の子(っていうぐらい若そうだった)が、「自殺しかけたこともあったけど、今ここに立てている。変人でもいいんだよ!」っていう話に感動…。
ジュリアン・ムーアの女優賞は、今までのノミネーション・キャリアを考えると順当だし、私も嬉しかったです。

プレゼンターでは、視覚効果賞のクロエ・グレース・モレッツが可愛かったー。それと、ジョン・トラボルタと、以前彼に名前を間違えられたイディナ・メンゼルが一緒に歌曲賞を紹介しているのが笑えました。
また、プレゼンターたちが「グランド・ブダペスト・ホテル」風なセットから出てくるのがよかったです。

追悼のコーナーで初めて亡くなったのを知ったルイ・ジュールダン。調べてみたら、ついこの間のバレンタインの日でした。彼を初めて見たのは「007/オクトパシー」だったと思いますが、「恋の手ほどき」とかで結構好きだったんですよね。ご冥福をお祈りします。

作品賞は「バードマン」でしたが、私はゴールデン・グローブ賞授賞式の時に書いたように(→こちら)、前評判の高かった「6才のボクが、大人になるまで。」の受賞には懐疑的だったので、これはまあ予想通りかなと思っています。


※翌日談:この「パンツ一丁」は、私は見ていないのでわかりませんでしたが、「バードマン」のシーンを真似したらしいです。納得。

« わたしはロランス | トップページ | フォックスキャッチャー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ようさん、スッゴクお久しぶりです。
ちょっと私的に色々と・・・お察し下さいませ(ペコリ)

助演男優賞にJ.K. Simmons !!
スコダ博士~!!おめでとう御座います、ですよね。
ちょっと覗いたら、スゴク激しい役で・・・ビックリしました。
私は、スコダさんでしか知らないので・・・興味津々ですよ。

うん、パンツ一丁は、『バードマン』の真似、なんですよね。
この作品も、興味津々です・・・(エヘヘ)

でも正直、このような授賞式は、あまりというか全く見ないんですけどね。
ほら、映画に詳しくないから・・・
作品&俳優さん方も・・・???なんで(苦笑=)

ようさんは、大いに楽しめたと思いますよ。

リィンさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

そうでした、J・K・シモンズは、「L&O」の精神科医でしたね。
私は「クローザー」という刑事ドラマを先に見ていたので、
そこでの主人公の上司役のイメージが強いです。

今回の授賞式は、記事中で紹介した脚色賞の人以外にも、
受賞者スピーチに主張が反映されているものが多かったので、
いつも以上に楽しめた気がします。
J・K・シモンズも、家族愛を訴えながら、
「両親がいるなら電話しなさい。メールじゃなく、電話しなさい。」
と発言していて、感動的でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第87回アカデミー賞授賞式:

« わたしはロランス | トップページ | フォックスキャッチャー »