« Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン16 | トップページ | 君と歩く世界 »

2014年11月 1日 (土)

映画から海ドラへ

ずっと映画にまつわる個人話をしてきたので、今回は私の海外ドラマ熱について書こうと思います。

私が海ドラにはまるきっかけとなったのは、その当時付き合っていた人につられて見た「ER」と「ザ・ホワイトハウス」。その後、今のところに引っ越した時にスカパーに加入したのがきっかけで、ちょうど「24」から派生した海ドラブームが起こっていたこともあり、少しずつ海ドラを見始めました。
そんな初期の頃にはまっていたドラマは、このブログでも何度か言及したことのある「シックス・フィート・アンダー」。そして「CSI:マイアミ」に「エイリアス」、「SATC」などです。

海ドラにはまった理由としては、ブームにより良質のドラマが量産されたことももちろんですが、かつては存在した映画俳優とテレビドラマ俳優の垣根が取れ、良く知った映画俳優がドラマに出演し始めたというのもあります。

好きなジャンルは犯罪捜査。一時期はいろんなジャンルの海ドラを見ていましたが、だんだん自分の好みが固まってきて、シーズンを通して続くストーリーは苦手だとわかりました。一話完結で楽しめるのが1に刑事もの、2に裁判もの、3に医療もの、そしてコメディという訳で、最近そのジャンル以外で見るのは、ストーリーや登場人物に魅かれる一部の番組に限られています。

今までに見た海ドラの中で一番好きなのは「デッドゾーン」。これはかつて映画も作られていて、そちらを見た時にはさして興味を持たなかったのですが、ドラマを見たらはまりました。主演のアンソニー・マイケル・ホールは、80年代の青春映画でよく見かけた俳優。敵役の政治家には、今年見た「処刑人」がいたく気に入ったショーン・パトリック・フラナリーです。

« Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン16 | トップページ | 君と歩く世界 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ようさん、オォ!またまたようさん御自身のお話ですね。
ようさんってどんな方~っていう私のドキドキ感を満たしてくれます!
「ER」と「ホワイトハウス」・・・・番組が素敵だわ・・・
それも当時お付き合いのあった方の影響で・・・ロマンチック!ですよね!
私は・・・見事に幼児期に見た「奥さまは魔女」なんですよ、最初の最初は。
これ・・・覚えているんです・・・ホント、幼児期なのに(笑)
そして、最近の海ドラ目覚めは・・・ぬぁんと「ベティ~愛と裏切りの秘書室」!
・・・・・笑って下ってイイですよ・・・・全く似使わないですよね(笑=)
でも夢中になって見ていたんですよ・・・面白かったナァ(マジで)
それと・・・!大情報!!!
和製シェルドン発見!私がいま通院している歯科医院の若手医師です。
まず見た目が・・・あのオデコが!!そっくりでして。
そして・・・「(治療は)あとどれ位、かかりますか?」という質問に
「それは(通院)回数ですか?(通院)期間ですか?」って~。
ヒェ~!まぁまぁ!なかなかネェ~とひとりニンマリ。
院長もまた、良くて・・・私が説明された治療方法に悩んでいたら
「どっちでもイイよ~。俺の歯じゃないから」と・・・・ナイス!
でもね、腕は間違いなく本物です!
麻酔無くても殆ど痛くないと言う奇跡の歯科医院です。
腕は確かで、でも何か~が、似てる!!

リィンさん、いつもながら笑えるネタをありがとうございます。
シェルドン似の歯医者さんですか...。
見てみたいけれど、治療されるのはちょっと怖いですね。
腕は保証されていると言われても、やっぱり遠慮したいかも。
リィンさんのきっかけが「ベティ~」というのも意外でした。
残念ながら私は見たことがありませんが、
見始めたら続きが気になるドラマなのでしょうね...。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画から海ドラへ:

« Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン16 | トップページ | 君と歩く世界 »