« 僕たちのアナ・バナナ | トップページ | グランド・ブダペスト・ホテル »

2014年9月 2日 (火)

たちばな・ようという名前

今回の個人話は、私、たちばな・ようの名前の由来について。すでに多くの方が推測されていると思いますが、「たちばな・よう」は本名ではありません。しかし、私が中学生のころから使っているペンネームで、私の第2の名前とも呼べるものです。
子供のころから文章を書くのが好きで、でも誰に見せるわけでもなく、一人で書いては悦に入っていただけなのですが、その時にこのペンネームを使ったのが始まりです。

「たちばな・よう」は、漢字で書くと「橘遙」。私の本名がシンプルな名前で漢字の画数も少ないので、画数の多い難しそうな漢字に非常に憧れていました。それと、漢字一文字というのにも憧れていて。ただし、突飛な名前も嫌だったので、一般的に使われていて尚且つ難しそうな漢字一文字の名前を漢和辞典で探した結果、名字は意外とすぐに決まりました。

下の名前が決まるまでにはちょっと時間がかかりました。

私は田舎の出身で、昔は特に「女の子は...」とか「女の子だから...」と言われて育ったので、子供の頃は男の子になりたくて仕方ありませんでした。なので、女性っぽい名前は付けたくなかったのです。
かといって、男でもないのに男のような名前を付けるのもどうかと思ったので、中性的な名前、しかも漢字一字のものを探していたところ、当時人気だった「生徒諸君!」という漫画に出てきた飛島遥くんという子の名前を見て「これだ!」と。遥は「はるか」とも読めるし、この名前をいただくことにしました。しかし、少しして遙という漢字を見つけ、遥よりこっちがいい、と思い漢字を入れ替えました。

このブログを始める時にも、何の迷いもなく、「たちばなよう」と名乗るつもりでしたが、漢字にすると堅苦し過ぎるかなと思って、今回は平仮名に。しかし名字と名前を続けたままでは読みにくいため「・(なかまる)」も加えることにしました。
こうして「たちばな・よう」の名前は出来上がったのでした。

« 僕たちのアナ・バナナ | トップページ | グランド・ブダペスト・ホテル »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらでも、こんばんは(ペコリ)
こちらでは、ようさんの素の姿が見え隠れ・・・
ちょっと、ようさんの姿が見えた気がして、楽しく読ませていただきましたよ。
私は、今現在ネットで4つのHNを使っています。
それぞれに意味があって・・・というよりも
それぞれの場所で、微妙に異なる自分が4人・・・って感じかな?
ようさんは、他のHNは、無いのでしょうか?
私は、一体どれが素に一番近いのか・・・全部だ!(笑)
に、しておきましょ~って・・・いい加減な私・・・・(笑笑)

リィンさん、こちらでも今晩は。
素の姿が見え隠れ、ってちょっと恥ずかしいですね。
私のHNはこれだけですが、名前の由来を明かしたのも初めてで、
確かに、素の自分をさらけ出した感じもしています。
私にとっては、本名にも等しい名前なので...。
リィンさんは、他に3つも名前があるんですね!
しかも、それぞれに意味があり、微妙に違う要素を持っている...。
うーん、とっても興味をひかれます!
この場で、すべて公表してもらうってわけにはいきませんよね?やっぱり...。

で、こちらでもこんにちは。
今日、地区のお祭りで、子供神輿のお囃子をBGMに書いています(微笑)
アハハ~公表は御勘弁下さいよ~(微笑2)
どれも「自分」なんですが、どの色を濃く出すか?ってことだと、自分では思っています。
「リィン」は、まぁ『L&O』専用で・・・ちょっと理屈こねこね風、かな?
自分の中では、真面目な理論展開・・・のつもりでして(苦笑)
こんな感じ、ですよ。
あと、悪魔っぷりを発揮なHNも・・・・キャ~ですね(笑)
自分の分身として、ひとつのHNを・・・!も素敵です♡
さらに、素のようさんが垣間見られるように・・・期待期待ワクワク!

理屈こねこね風に悪魔っぷりを発揮風ですか?
で、どれも「自分」が入っているんですね?
それはすごいですね~。多面性があって奥が深いんですね。
私なんて単純な人間なので、いろんな要素を持っているリィンさんが、うらやましいです。
リィンさんのことは、いつも書いて下さるコメントと「L&O」のページでしか知りませんが、
その洞察力の深さにいつも感心するばかり。
いろんな要素をお持ちだからこそ、そんな奥深い洞察ができるのだなと、
ちょっと納得しました。
私はあんまり素の自分を出すのが得意ではありませんが、
なんとかご期待に添えるようにがんばります

ようさん、またまたこちらでこんにちは!
さぁ!『ビッグ・バン~』始まりますね!楽しみ~。
で、番宣見ると・・・皆さん、確実に年を重ねているわ(笑)
『サン・ルイス・レイ橋』は、小説ですが、映画にもなっています。
アメリカの古典って言われているのですが・・・
実はちょっとワケありで・・・・(デヘヘへ~(^^)v
また、その辺は、後日、報告しますね。
素のようさん・・・エ~ッ!どんな方なんだろ?(ワクワク)
オフ会、参加されたこと、ありますか?
文章と同じ印象ね~とか言われたとか?
私は、ようさん=フランス=素敵だ、図式が成り立っていますが。
私は・・・「文章と違うわ~」と言われて数年、で御座いますよ(ペコリ)

リィンさん、今晩は。
「ビッグバン・セオリー」始まりましたね!
個人的には、コミック店のスチュアートが好きなので、
メイン・クレジットにケビン・サスマンの名前を見て、
レギュラーになるのかしら?と期待しています。
確かに私はフランス映画が好きなのですが、
決して「=素敵」とはならなくて...。
「サン・ルイス・レイ橋」のワケあり報告も、
楽しみにしていますね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たちばな・ようという名前:

« 僕たちのアナ・バナナ | トップページ | グランド・ブダペスト・ホテル »