« ワン・デイ | トップページ | バッド・ティーチャー »

2013年9月23日 (月)

第65回エミー賞授賞式

初めて生放送で見ましたが、去年も書いたし、ちょっとブルーになっていたこともあって、コメントしようか迷ったものの、結局書くことにしました。

毎年各局持ちまわりで放送される授賞式ですが、今年はCBSだからか、司会は「ちょうど明日からこの局で放送する」と宣伝していた「ママと恋に落ちるまで」のニール・パトリック・ハリス。彼は前にも司会をしたことがありますが、今回は「ママ恋」メンバーが総出演(一部VTRで)していました。
オープニングの歌とダンスが期待されましたが、過去の司会者との掛け合いだけ。物足りなく思っていたところ、式の半ばになって「ショウの途中の曲(Number in the middle of the show)」を歌い出しました。「オープニングの歌はヒュー・ジャックマンだってやるけど、ショウの途中でやるなんてわくわく~」とかって歌ってて笑。

コメディ部門とドラマ部門の作品賞は、どちらも意外性なし。もはや王者の「モダン・ファミリー」と、ファイナルを迎えた「ブレイキング・バッド」(私は2話で挫折)。
テレビムービー部門の作品賞「恋するリベラーチェ」は、日本ではなぜか劇場公開されるようですが、マイケル・ダグラスとマット・デイモンのゲイ・カップルを見に、私も足を運ぼうかなと思っています。

このダブル主演の2人がプレゼンターで出てきた時に、薬指の指輪をチェックしたのは私だけでしょうか。別居中のマイケル・ダグラスは、キャサゼタを同伴していなかったものの、指輪はしっかりはめていたし、スピーチでもしっかり彼女に感謝していました。

俳優部門では、コメディ部門主演男優賞のジム・パーソンズが、初受賞でもないのに感極まっていたのが可愛かったです。「ビッグバン・セオリー」は私も大好きなシットコムなので、嬉しかったです。
ドラマ部門の主演男優賞は、「ニュースルーム」のジェフ・ダニエルズ。ドラマ自体はよかったけど、彼がガムを噛みながらスピーチしてるのはいかがなものかと思いました。
ドラマ部門のゲスト賞では、私イチオシのルパート・フレンド君が「Homeland」でノミネートされていましたね。残念ながら受賞は逃しましたが。

そして追悼のコーナー。それまでの楽しい気分が一気にこのコーナーでブルーになってしまった訳なのですが、それは「リゾーリ&アイルズ」のリー・トンプソン・ヤングが亡くなっていたと知ったから。それだけでなく、衝撃を受けて詳細を調べたところ、ほんの1ヶ月ほど前に自殺したらしいとわかりました。
落ち目の俳優が自殺するとかならまだわかるのですが、レギュラーのドラマもある若い俳優が、コーリー・モンテースのようなドラッグでもなく、自ら命を断つに至ったのはなぜなのでしょうか。「リゾーリ~」は現在視聴中で、彼の演じるフロスト刑事も元気に出ているので、これからどんな気持ちで彼を見たらいいのか、複雑な心境です。
謹んでご冥福をお祈りします。

« ワン・デイ | トップページ | バッド・ティーチャー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ようさん、エミー賞報告、有り難うございます。

ヘェ~!クーパー博士(違)、オメデトウございます!!ですね。
強いですね~。作品も、彼も!!
私も、S5、大喜びで視聴しています☆

で、ドラマの主演男優賞が、ジェフ・ダニエルズ、ですか。
ホォ~、そうか、そうか・・・
ようさん、『The Newsroom』、お気に入りでしょうか?
私、S1視聴しましたが、
正直Watwrston出演してなきゃ、視聴していない、です。
筋はシッカリ通っているように思えるのですが・・・
枝葉の付き方が、半端じゃなくて・・・
普段なら枝葉イッパイは大好きなのに、コレは・・・ちょっと騒ぎ過ぎ?

それと、ダニエルズ・・・あまり好きじゃなくて・・・
「ガム噛みながらスピーチ」してたんですか・・・
私、彼は、余り行儀がよくないと思って・・・どうも・・・(ペコリ)
『~Newsroom』S2終了しましたが、S3はまだ未定らしいです。
熱狂的ファンがいるものの、どうもそれほど・・・らしい声も。
ヤレヤレ・・・フゥ~。

リィンさん、いつもコメントありがとうございます。
「ニュースルーム」は、最近あまりない硬派で政治色のあるドラマで、
「ザ・ホワイトハウス」とかも好きだった私は、
アーロン・ソーキンも好きだし、まあまあ気に入っていました。
ただ、ベスト10に入るかっていうと難しいものがありますが。
でも、確かにシーズン2は、FOXニュースも左翼よりと猛烈批判してたとかで、
評価は分かれるのかもしれませんね...。
いずれにしても、判断は日本上陸を待ちたいと思います。
シェルドン・クーパーの「ビッグバン・セオリー」シーズン5は、私も見ています。
今回エミー賞受賞で見せていたシーンでは、エイミーとの仲も進展していたよう?
こちらも、放映を楽しみに待ちたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第65回エミー賞授賞式:

« ワン・デイ | トップページ | バッド・ティーチャー »