海外ドラマ

2018年7月19日 (木)

女王ヴィクトリア 愛に生きる

1か月ほど前に集中放送されていて、前半は一気に見たのですが、後半息切れしてしまい、このほどようやく見終えました。

以前見た「ヴィクトリア女王 世紀の愛」とどうしても比較してしまったのですが、こちらの方がじっくり描かれている分、より正確と考えていいのか、それとも話を持たせるために改変されているのでしょうか。

一番気になったのはメルバーン卿の描かれ方で、映画の方では野心満々の政治家の彼が女王を利用しようとする風もありましたが、こちらでは純粋に女王を想い、献身的に尽くす人でした。
私も結構好きなルーファス・シーウェル(「イレブンス・アワー」)が演じていることもあり、今回はアルバート公よりメルバーンにより親しみを感じてしまいました。

トム・ヒューズ(「フラワーショウ!」「The Game」)演じるアルバートの方はというと、映画版ではヴィクトリアの即位前からお互いに好印象で手紙をやり取りする仲でしたが、ここではヴィクトリアも最初は無関心でしたし、アルバートに至っては、芸術などに無知な彼女を見下しているようなところもあり、全く違う印象でした。

そんな二人が心を寄せ合うようになり、メルバーンは身を引いて、女王とアルバートが結婚!ってところまで見たら一気に冷めちゃって、一時中断してしまったのでした。

でも、このドラマはシーズン3まで更新が決まっているようなので、放映されたら頑張って見続けるかな?とは思います。


Victoria」(2016年イギリス)

2018年7月 6日 (金)

NCIS シーズン15

すっかり長寿シリーズとなったこちらのドラマですが、第15シーズンも順調に見終えました。

まず、1シーズンのみで突如去ったクインの後を埋める形で、マリア・ベロ演じるスローンが参加しました。
メインで捜査する人たちとは一線を画し、バックでサポートすることが多い彼女でしたが、シーズンラストでは彼女の過去に端を発した事件で前面に出ていましたね。

今期でアビーが去るのは知っていましたが、シーズン終了を数話残して早くも不在に。でも、長く勤めて円満退社happy01の彼女には、寂しいというよりお疲れ様と言いたい感じ。

むしろリーヴス退場の衝撃の方が大きかったです。その直前に、彼の幼少期のことがわかるエピソードがあったばかりで喜んでいたので、まさかこんな結末の前振りだったとは。

ダッキーも最近は時々しか出なくなっちゃったし(こちらはデビッド・マッカラムが年齢的に仕事をセーブしているのでしょうか?)、NCISのチームもすっかり様変わりの体です。シリーズが長く続くと仕方のないことですけれどね。


NCIS」(2017~2018年アメリカ)

2018年6月22日 (金)

ザ・ブレイブ:エリート特殊部隊

前13話のこちらのドラマを見終えました。

ザ・ユニット」のような話と思って見始めたのですが、現場の特殊部隊と後方支援の分析チームの両方を見せていました。
「ザ・ユニット」の頃よりも更に世界は混沌とし、各地でテロも相次いでいるし、今どきの情勢を反映した作りになっているとは思うのですが、最初はあまりハマれませんでした。

でも5話目ぐらいから大分馴染んできて、潜入捜査あがりのアミールが気に入ってきたこともあり、少し楽しめるようになりました。
他がいかにも米軍兵士って感じの中でアミールは異色だし、顔も私好みhappy01。しかも、予想に反してお金持ちのお坊ちゃんだったことも判明しました。

そんなこんなで、このまま続いたら見てもいいかなと思っていたのですが、残念ながら1シーズンで終了となったようです。


The Brave」(2017~2018年アメリカ)

2018年6月19日 (火)

リーサル・ウェポン シーズン2

第2シーズンが終了しました。本当はこの時点で書こうか迷いましたが、一区切りということで記事にします。

前回書いた時はまだシーズン1も途中で、リッグスは亡き妻の想い出に苦悩していましたが、パーマーとの付き合いを経て、再会した幼なじみのモリーと愛を育み、すっかり立ち直ったようですね。

それと同時に、実父から虐待されていた過去や、死んだ(と勝手に思っていた)父親絡みのトラブルが浮上しました。

前シーズンでチームにいたギャング上がりのクルーズが結構気に入っていたのですが、姿を消し、ボンボンっぽいお坊ちゃんのボウマンに交代してしまいました。

ここからは少しネタバレになります。

続きを読む "リーサル・ウェポン シーズン2" »

2018年6月12日 (火)

シェイクスピア&ハサウェイの事件簿

英国の最新ドラマが一挙放送されたのを見ました。
一話完結の犯罪捜査だったし、とりあえず1シーズン全話見ましたが、面白かったかというとビミョーです。

主人公たちは探偵なので、殺人から始まることの多い通常の刑事ドラマと異なり、最初は詐欺とか営業妨害とか軽い依頼なのは目新しいかなと思います。

元警官のハサウェイはいいとして、パートナーとなったルエラが、尾行も張り込みも絶対見つかるでしょうってやり方で、あれで成功しているとは信じがたいです。
記憶力が飛びぬけているのも都合が良すぎですが、ぽっちゃりで愛らしくはあります。

このドタバタ加減がいい人もいるでしょうが、私は楽しめませんでした。ただ、放送チャンネルのAXNミステリーによると、どうやらシェイクスピア関連のネタがいろいろあるようなので、分かる人には楽しいのかもしれません。
シーズン2も決まったそうだし、やはり英国ではシェイクスピアのファンが多いのでしょうね。


Shakespeare & Hathaway: Private Investigators」(2018年イギリス)

2018年5月11日 (金)

ピッチ 彼女のメジャーリーグ

動画配信サービスで無料だったので、フルシーズンまとめ見しました。

子供の頃から父親に鍛えられ、夢をかなえて女性初のメジャーリーガーになるジニーが主人公のスポーツドラマです。
私は結構面白いと思いましたが、1シーズンで終了したのは、女性メジャーリーガーに現実味がなさ過ぎと思われたのか、野球以外の話に中心がありすぎたからでしょうか。

でも、最初は期待されていなかったのに活躍目覚ましいジニーは、我らがオオタニサンのように思えたし、ベテラン選手のマイク・ローソンは、私の目にはイチローと被りました。

私は野球のこともメジャーリーグのことも良くは知りませんが(メジャーリーグ好きの元カレに多少教わったけど)、ドラフトや球団オーナーの意向など、試合以外のところで自分の思うようにならない要素が多くて大変だなと思いました。

チームのGMには「ナイトシフト」のシーズン4に出ていたマーク・コンスエロス、ジェニーのチームメイトで友人のブリップは「第1級殺人」シーズン2のシュガーことモー・マクレーでした。


Pitch」(2016年アメリカ)

2018年5月10日 (木)

クリミナル・マインド:国際捜査班 シーズン2

こちらもファイナルとなる第2シーズンが終了しました。

確かにオリジナルの「クリミナル・マインド」ほどプロファイリングは感じられなかったものの、世界各地に行って、その土地らしい事件を解決する設定は悪くなかったと思うのですが、打ち切りになったのは、「クリ・マイ」スピンオフにしたせいで期待値が高すぎたのでしょうか。

第3話の韓国では、整形天国のあの国ならではのエピソードだったし、第6話のシンガポールは、ゴミ捨てだけでも罰金とは聞いていたけれど殺人は年に10件だと初めて知ったし、私はシーズン1より楽しめました。

ただし、ストーリーの盛り上がりを狙ってなのか、ジャックの息子の潜入捜査とその後の肩透かしな顛末はいただけませんでした。

ラストはきれいに終わった!と一瞬思ったけれど、ジャックがIRTを辞めるのか言及しなかったということは、まだ存続の可能性があって含みを持たせたということなのかな?
でもこの程度なら、どちらともとれるのでOKなエンディングです。


Criminal Minds: Beyond Borders」(2017年アメリカ)

2018年5月 9日 (水)

ローズウッド シーズン2

第2シーズンにしてファイナルの、こちらのテレビシリーズを動画配信サービスで視聴しました。

シーズン1のラストで、過去の違反行為を告白して降格となったホーンストックに代わり、新しくスレイド警部がやってきました。演じるは「サード・ウォッチ」のエディ・シブリアンですが、相変わらずかっこよかったですね。
それ以外に新メンバーはなく、歌手を目指して一度は辞めたピピーも、助っ人でのラボに戻ってきてからそのまま居残っていました。

ロージーとヴィヤの仲は進展しないばかりか、ロージーはターニャと、ヴィヤはエイドリアンと付き合い出しました。
そのまま別々の相手と行くのかと思ったら、ターニャはまさかの結婚詐欺師。この展開って必要だったのか疑問です。

また、ヴィヤの弟マルコスが登場し、「サウスランド」のマニー・モンタナだったので注目して見ていましたが、予想はしていたものの姉と対立する道を進んでしまったのが残念でした。

最終話は、打ち切りになってもいいように駆け込みでまとめつつも、はっきり決まっていなくて曖昧なラストにしたのかもしれませんが、何だかなーという感じです。


Rosewood」(2016~2017年アメリカ)

2018年4月15日 (日)

ニュー・トリックス シーズン3

もうファイナルまで見終わっていますが、後付けで見逃している第3シーズンを視聴しました。

今シーズンは、ブライアンの暴走ぶりや、ジャックの体調問題(今回は結局薬を盛られただけらしいけど)、ジェリーの収賄疑惑といった、後のシーズンで出てくる出来事の伏線と思える話が目につきました。

それから、シーズン1の時に書いたUCOSの部屋は、アスベストの除去で追い出されたと判明しました。まだ後で使うことになる部屋は出てきていませんが。

ゲスト俳優では、第7話で銃器の専門家らしき女性警官役で「ルイス警部」のローラ・ホブソンことクレア・ホルマンがちらっと出ていたと思ったら、次の第8話ではルイス警部その人(ケヴィン・ウェイトリー)が出て、思わぬ繋がりに驚きました。

この最終話では、ジャックの妻メアリーの死の真相も明らかになったし、サンドラは昇進を見送って退職デカたちの面倒を見続けることに決めたし、次シーズンも早く放映してくれないかなぁと待ち望んでいます。


New Tricks」(2006年イギリス)

2018年4月13日 (金)

シカゴ・ファイア シーズン4

第4シーズンが終了しました。

シカゴP.D.」の記事でも書きましたが、シカゴ・シリーズ全体に対する興味が薄れてきている上、「ファイア」は元から「P.D.」より面白さを感じていなかったのですが、こちらもとりあえず見続けています。

シーズンが長くなると仕方のないことではあるのですが、これでもかってぐらいドラマチックな事件の連続に、もはや「グレイズ・アナトミー」化している気がして、硬派なドラマというよりソープオペラ的(失礼!)です。
思えば、セブライドが次々と女性に手を出すパターンも、「グレアナ」のマーク・スローン状態だし。

ケイシーが市会議員に立候補したのは目新しかったけれど、あっさり当選したばかりか、次は国政になんて話まで出てきて、ちょっと早すぎないかーと思ったりもしました。

そんな中、今シーズンから参加したハシゴ隊のち救急隊のジミーが、「エバーウッド」の頃には少年だったスティーヴン・R・マックイーン(当時名前が似ているのであれ?と思ったら、祖父はあのスティーブ・マックイーン!)で、すっかり大人になった彼を見ていると感慨深く、母親のような気持ちで応援しています。


Chicako Fire」(2015~2016年アメリカ)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー