All-time Favorite Actress Top 40

こちらも、私が好きな女優さんを、そのきっかけとなった作品、私がお薦めの出演作、ブログに記事のある映画と併せてご紹介します。

1. キャリー・マリガン 「17歳の肖像」「わたしを離さないで」「ドライヴ
2. ジュリー・デルピー 「トリコロール 白の愛」「ビフォア・サンセット」
     「パリ、恋人たちの2日間
3. リース・ウィザースプーン 「ペネロピ」「グッド・ライ」「わたしに会うまでの1600キロ
4. キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 「マスク・オブ・ゾロ」「シカゴ」「REDリターンズ
5. マリッサ・トメイ 「レスラー」「イン・ザ・ベッドルーム」「リンカーン弁護士
6. ダイアン・レイン 「トスカーナの休日」「セクレタリアト」「最後の初恋
7. マギー・ギレンホール 「モナリザ・スマイル」「クレイジー・ハート」「フランク
8. ミラ・ソルヴィーノ 「ルル・オン・ザ・ブリッジ」「誘惑のアフロディーテ」「Dr.House
9. メリッサ・マッカーシー 「ブライズメイズ」「SPY」「ヴィンセントが教えてくれたこと
10.リュディヴィーヌ・サニエ 「ピウス13世」「晴れ、ときどきリリー」「愛のあしあと
11.エイミー・アダムス 「ジュリー&ジュリア」「人生の特等席」「ビッグ・アイズ
12.アン・ハサウェイ 「レイチェルの結婚」「ワン・ディ」「マイ・インターン
13.サンドラ・ブロック 「完全犯罪クラブ」「イルマーレ」「しあわせの隠れ場所
14.ケイト・ウィンスレット 「愛を読むひと」「いつか晴れた日に」「スティーブ・ジョブズ
15.アナ・ケンドリック 「マイレージ、マイライフ」「50/50」「イントゥ・ザ・ウッズ
16.ソフィー・マルソー 「恋人たちのアパルトマン」「ラ・ブーム
     「マーガレットと素敵な何か
17.ジェニファー・アニストン 「フレンズ」「バウンティ・ハンター
     「ウソツキは結婚のはじまり
18.アシュレイ・ジャッド 「ダブル・ジョパディー」「ミッシング」「五線譜のラブレター
19.レイチェル・マクアダムス 「トゥ・ザ・ワンダー」「スポットライト」「アバウト・タイム
20.ジョディ・フォスター 「ジャック・サマーズビー」「羊たちの沈黙」「君がいた夏

以下、順不同
ジェニファー・ガーナー 「エイリアス」「ダラス・バイヤーズ・クラブ」「ミスター・アーサー
クレア・デインズ 「レインメイカー」「Homeland」「僕と彼女とオーソン・ウェルズ
ミア・ワシコウスカ 「ジェーン・エア」「アリス・イン・ワンダーランド」「アメリア 永遠の翼
キーラ・セジウィック 「フェノミナン」「ウォルター少年と、夏の休日」「クローザー
ドリュー・バリモア 「25年目のキス」「50回目のファースト・キス」
    「誰もがクジラを愛してる。
ジュリア・ロバーツ 「ミスティック・ピザ」「ペリカン文書」「マグノリアの花たち
エマニュエル・ベアール 「天使とデート」「美しき諍い女」「嫉妬
メアリー・ルイーズ・パーカー 「フライド・グリーン・トマト」「Weeds」「RED
クリスティーナ・リッチ 「バッファロー’66」「ペネロピ」「僕のニューヨークライフ
フランシス・マクドーマンド 「ファーゴ」「スリー・ビルボード」「プロミスト・ランド
キャメロン・ディアス 「メリーに首ったけ」「ホリディ」「悪の法則
レア・セドゥ 「マリー・アントワネットに別れをつげて」「アデル、ブルーは熱い色
    「美女と野獣
ダコタ・ファニング 「17歳のエンディングノート」「アイ・アム・サム」「マイ・ボディガード
シャリーズ・セロン 「モンスター」「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」「ヤング≒アダルト
ヘイリー・スタインフェルド「トゥルー・グリット」「はじまりのうた
ヴァージニア・マドセン 「サイドウェイ」「最高の人生のはじめ方」「名探偵モンク
ゴールディ・ホーン 「潮風のいたずら」「プライベート・ベンジャミン」
メアリー・マクドネル 「ダンス・ウィズ・ウルブス」「わが街」「Major Crimes
ジュリー・クリスティ 「天国から来たチャンピオン」「ドクトル・ジバゴ」
     「アウェイ・フロム・ハー
エマ・トンプソン 「から騒ぎ」「日の名残り」「二ツ星の料理人