« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月26日 (日)

ペンタゴン・ペーパーズ

昨年のアカデミー賞ゴールデングローブ賞にノミネートされていた、メリル・ストリープとトム・ハンクス共演の作品です。

発行人のケイは、創業家とはいえこの時代に女だてらに新聞社を切り盛りしてすごいなと思いました。
メディアとしての役割の重要性と、政治家と近しくなって批判しづらい立場との狭間で苦悩するのも理解できたし、最終的に英断した彼女の勇気は称賛に値します。

舞台となるワシントン・ポストはウォーターゲイト事件の報道紙ですが、その前からこんな風に政治の嘘を暴露していたんですね。
ベトナム戦争の戦況に対する偽りの報告を内部告発するエルズバーグは、「スノーデン」を思い起こさせました。もちろんこちらのがずっと先ですが。

ケイの友人でもあり厳しい立場に立たされたマクナマラ長官は、「フォッグ・オブ・ウォー」を見ていたので、隠ぺいはよくないとは思うものの、どうしても同情的に解釈してしまいました。

ウォーターゲイト事件の告発者ディープスロートを扱った最近の映画もありますが、私は久々に「大統領の陰謀」を見たくなりました。


The Post」(2017年アメリカ)

2019年5月25日 (土)

The Wine Show

普段記事を書くのは映画や海外ドラマですが、シーズン1・2と続けて見終えたこちらの番組についても書こうと思います。英国俳優が何人も出ていましたしね。

ジ・アメリカンズ」の記事中でも書いたマシュー・リスとマシュー・グードの他、今シーズンではジェームズ・ピュアフォイが参戦。
前シーズンはイタリアが舞台でしたが、今シーズンはフランスでした。私は南仏ワインが好きなので、彼等が滞在のベースにしていた南仏の銘柄がたくさん登場し、心惹かれました。

カンヌの回では、グードが「ヒドルストンとカンバーバッチです」と冗談で名乗るのですが、線の細いグードがトムヒの振りをするのはともかく、ピュアフォイのカンバーバッチは無理があるのでは・・・? せめてジェラルド・バトラーにしたほうがまだ似てると思ったりして 

ブルゴーニュの回では、ワインマスターが「ワインを飲む目的は幸せになるため」っていうのが粋でしたが、だからってそれを理由にガンガン飲んだらダメですよね。

旅はグードとピュアフォイに任せ、マシュー・リスは今回ロンドンに居残っていましたが、仕事の関係でイギリスを離れられなかったのでしょうか。

最終回では、シーズン3もあるといいねなんて言い合ってたけれど、2019年現在予定なしのようです。


The Wine Show」(2017年イギリス)

2019年5月18日 (土)

スタートレック/ディーブ・スペース・ナイン シーズン3

帯放送に追いつくのが大変で、かなり遅れた視聴になっていますが、着実に見続けています。

今シーズンで気になった展開としてはまず、幸せになってほしかったキラ少佐とヴェデク・バライルの関係が不幸な結末に終わって残念でした。

それから、敵がドミニオンに移ったお陰で、カーデシア人の描かれ方が変化したことに注目しました。ガラックはもちろん、ガル・デュカットまでも好感度が上がって、それほど悪い人に見えなくなっているのが不思議です。

面白かったエピソードは、ジャッジアが過去のホストと対面する話。直前のクルゾンのことは、シスコ司令官の友人ということもあって、今までも出てきましたが、それ以前のホストが女性議員だったり数学者や体操選手だったり、様々な経歴を持っていることが分かりました。

もう一つ面白かったのは、クワークの里帰り。初のフェレンギ星登場で、女性が虐げられている人種なのは知っていましたが、それに反抗するママさんが頼もしかったです。

そうそう、妻亡き後ずっと浮いた話のなかったシスコに、息子ジェイクのお膳立てで新たな恋のお相手ができました。貨物船の女船長キャシディですが、演じるのがペニー・ジョンソンなので、どうしても「24」のパーマー大統領夫人のイメージで見てしまっています。

最終話は、いよいよドミニオンとの対決が避けられなくなりそうな状況に。引き続きシーズン4も見ていきたいと思います。


Star Trek:Deep Space Nine」(1994~1995年アメリカ)

2019年5月14日 (火)

NCIS:ニューオーリンズ シーズン4

第4シーズンを見終えましたが、まずは書きそびれていた第3シーズンから。

ブロディがいなくなるのは、先に見た「NCIS」とのクロスオーバーで知っていましたが、こんなに唐突な辞め方だったとはビックリでした。チームの皆も驚いていましたけれどね。

で、代わりに入ると知っていたグレゴリオ(「24」などのヴァネッサ・フェルリト)は、最初はFBIとしてちょっと敵対関係にあったのを、彼女がFBIを辞めた時にNCISが引き取る形になっていました。

そんな風で、グレゴリオも順調に居残っているシーズン4で、今度はパーシーが抜けることに・・・。パーシーはATF→NCISときてFBIへ呼ばれたけれど、女性陣は何だか落ち着きませんね。グレゴリオは好きなので、彼女には長く居続けてほしいです。

私のお気に入りパットンは、過去に3回も結婚&離婚していたことが判明。しかも、自宅の映るシーンがあったのですが、よくわからない日本語のポスター(「駆逐艦、世界の支配、未来追う」っての)が貼ってあって、どうやら特撮映画か何からしいんだけど、オタクなセバスチャンならともかくパットンのイメージじゃありませんでした。

ラストでは、ドウェインを狙うDCの人間の正体がわかったものの、何だか少々付け焼き刃的な気がしたのは私だけでしょうか? もしかしたら、次シーズンでより複雑な事情が明らかになるのかもしれませんが・・・。


NCIS: New Orleans」(2017~2018年アメリカ)

2019年5月12日 (日)

沈黙 -サイレンス-

スコセッシ監督が映画化するとずいぶん前から聞いていて、ようやく実現した作品です。
遠藤周作の原作は、かなり前に読んでいましたが、見るのが辛いかなと躊躇したりもして、なかなか映画を見る気になれませんでした。

実際に見てみても、ここまで迫害する必要があったのかと改めて感じましたが、階級が重要な社会にあって、皆平等に扱われ天国に行けるという信条を受け入れてしまったら、最早農民を抑止できなくなると考えてのことでしょうか。

迫害を受けても尚、信仰を持ち続ける農民たちにも感動しましたが、死を厭わないのはこの世で辛い思いをするよりもあの世に行った方が幸せになれるという、2極の選択故であるのが哀しすぎました。

これは1600年代の話で、現代の日本ではもちろんこんなことはありませんが、世界のあちこちでは今でも宗教が原因の差別や、それに端を発するテロや戦争も起こっていて、これは昔のことと切り捨てられないのが残念でなりません。


Silence」(2016年アメリカ)

2019年5月11日 (土)

刑事ジョン・ルーサー シーズン5

第4シーズンの後、もう作られないのかと思っていたら、「シャーロック」なんかと同じで不定期にシリーズが続くようで、このほど放送された第5シーズンを見ました。

前シーズンを見てから少し間が空いたので、細かいところは忘れていたのですが、ルーサーの上司や部下を見たらどんどん思い出し、違和感なく見られました。

お気に入りのリプリーは死んじゃったしと思いつつも、やはりアリスは生きていたし(アリスの後継者っぽい人はどうなったの⁈)、4時間あっという間でした。

ただ、アリスとはつかず離れずの関係がいいと思っていたのに、いつの間にかくっついていたとは・・・。ルーサーが刑事の仕事を捨てられず、蜜月は長く続かなかったようですが。

シーズン6も制作されそうなので、またアリスが絡んでくるストーリーになるのでしょうか。
仲間がどんどん死んじゃうので、つまるところ孤高のルーサーに残るのはアリスだけなのかもしれないと考えたりしています。


Luther」(2019年イギリス)

2019年5月 1日 (水)

ルシファー シーズン3

動画配信サービスで第3シーズンを見ました。

今シーズンの注目すべき登場人物としてはやはり、デッカーたちの上司として赴任してきたピアースでしょう。
演じるのが「ヤング・スーパーマン」のトム・ウェリングということもあり、街なかの広告にスーパーガールが映っていたり、ルシファーが「自分が望みを聞くのは、スーパーマンが空を飛ぶのと同じ」と言ったり、彼を意識したシーンがいくつかありました。

ピアースは、聖書に出てくる「カインとアベル」のカインで、死にたいのに神の罰で不本意にずっと生き続けているという設定なので、彼の過去の恋愛や「ブラック・ダリア」風な犯罪も出てきて面白かったです。
ルーシィも長く生きてはいるけれど、ずっと地獄にいたから地上での昔の経験はないしね・・・。

私は「ヤング・スーパーマン」が結構好きだったので、久々に見たウェリングがちょっと老けて丸ぽちゃになっていたのがショックでしたが、相変わらず可愛らしい顔が憎めませんでした。

このドラマはサードシーズンで一旦打ち切りが決まったものの、FOXからネトフリに放送局を変えて更新されたようです。
だからだと思うのですが、第24話で結構なラストだったのに、突然何事もなかったかのように25・26話が付け足されていました。

個人的には、ここまで来たら継続しなくても、完結エピソードでも作って終わりにしてくれてもよかったのですが、エンディングが消化不良のままなので、その後の展開を知るためにシーズン4も見るかなと思います。


Lucifer」(2017~2018年アメリカ)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »