« エレメンタリー シーズン6 | トップページ | Love,サイモン 17歳の告白 »

2019年4月14日 (日)

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

この世紀の試合のことはもちろん、2人のテニス選手、ビリー・ジーン・キングとボビー・リッグスのことも、映画化されるまで知りませんでした。

なので、この試合だけの話かと思っていたら、試合がクライマックスではあったものの、ビリー・ジーンの人物像が深く描かれていて、ウーマンリブが台頭し始めたこの時代に、女性の平等な権利を求めて闘った人なのだと知りました。

ボビー・リッグスという人は、実際にもあんなにおちゃらけていたのでしょうか。それに、いくら相手が女性だからって、55歳の自分が29歳の現役トッププレーヤーと戦って勝てると思っていたのでしょうか。

もちろん、その前に別の女性プレーヤーと試合してストレート勝ちしたから、甘く見たというのもあるでしょうし、当時まかり通っていた女性蔑視の影響で、どんな条件であれ女が勝てるわけないと過信してもいたのでしょう。

今でも完全に平等な世の中になったとは言えないけれど、それでも私が子供の頃に感じていた女性であることの歯がゆさみたいなものはなくなりました。

それは、ビリー・ジーンを始めとする先人たちが闘ってきてくれたからであり、彼女たちに感謝すると同時に、その勇気を尊敬します。


Battle of the Sexes」(2017年アメリカ)

« エレメンタリー シーズン6 | トップページ | Love,サイモン 17歳の告白 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エレメンタリー シーズン6 | トップページ | Love,サイモン 17歳の告白 »