« サバイバー:宿命の大統領 | トップページ | ルシファー シーズン3 »

2019年4月29日 (月)

フランス絶景ミステリー コレクション 3

AXNミステリーで放送のこのコレクションも3期目となりましたが、相変わらず地方が舞台のいろんなドラマのミックスです(前回記事はこちら)。
今回も放送順に、原題・製作年と共に、Meurtres à... 」のシリーズはフランス放送時のシーズンも加えてコメントします。

「ブロセリアンド」 L'Inconnue de Broceliande (2016)
ブルターニュ地方で起こる事件。森の伝説をアーサー王とマーリンの話に絡めて神秘的に見せていました。

「ストラスブール」 Meurtres à Strasbourg (2017)
第4シーズン第4話。ワイン生産者に関わる話が興味深くて楽しめました。

「マルティニク」 Meurtres en Martinique (2017)
第3シーズン第8話。フランス本土を離れ初の海外県が舞台です。
ミステリー in パラダイス」のサラ・マーティンスと「そして友よ、静かに死ね」の監督オリヴィエ・マルシャルが、相棒となって捜査していました。

「ラ・シオタ」 Meurtres à La Ciotat (2016)
第3シーズン第6話。マルセイユ近くの海沿いの街で起こった過去の事件が引き金となり、父親の過去を探りにきた刑事と記者の話が面白かったです。

「エクサン・プロヴァンス」 Meurtres à Aix-en-Provence (2017)
第4シーズン第3話。こちらも南フランスが舞台ですが、ノストラダムスの予言に関する話が、意外に大したことなくて肩透かしでした。

「リール」 Les Crimes Silencieux (2017)
犯人が誰か早い段階で推測できてしまったのが残念でした。
主人公の女性と共に捜査するのは、「ルビー&カンタン」などのリシャール・ベリ。

「ラ・ブルブール」 Sources Assassines (2016)
フランス中部の町ラ・ブルブールが舞台で、母娘の確執などの要素もありましたが、全体として印象の薄い事件でした。

「ロシュ・ノワール」 Roches Noires (2018)
スイス国境に近い雪深い町で昔起きた少年失踪事件の再捜査で、小さなコミュニティでの色んな思惑が絡むところが良かったです。


今回思ったのは、Meurtres à... 」シリーズ以外にもこんなに地方を舞台にした犯罪捜査ドラマが作られているなんて、フランス人って本当にこの手の話が好きなんだなってこと。
以前、フランス人のクリスティ好きについて書いたことがありましたが、単にクリスティに限らない犯罪好きなのだとわかりました。


フランス絶景ミステリー コレクション

« サバイバー:宿命の大統領 | トップページ | ルシファー シーズン3 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サバイバー:宿命の大統領 | トップページ | ルシファー シーズン3 »