« FOUJITA | トップページ | S.W.A.T. »

2018年7月 8日 (日)

謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス

私がこの画家の名前を知ったのは、マイクル・コナリーの小説でした。その話は後に回すとして、まずは今回見たこちらのドキュメンタリーについて。

現存する数少ない絵画の中でも「快楽の園」に焦点を当てていて、この絵の解釈を現代世界と関連づけたり、X線で現れた下絵との比較から画家の意図をくみ取ったりと、とても興味深かったです。

私はこの絵をちゃんと見たことがなかったのですが、500年前に描かれたにもかかわらず、1枚の絵の中にあるたくさんの人や物が、これほどまでに見る側の想像を掻き立て惹きつけることに感慨を覚えました。

冒頭でも書いたマイクル・コナリーの小説は、ご存じの方も多いでしょうが、画家の名前を取ったヒエロニムス・ボッシュ(名字は画家の場合はボスが多いようですが、ボッシュという表記もあり)という刑事が出てきます。

「夜より暗き闇」という小説の中では、捜査の過程で「快楽の園」に描かれるフクロウが重要なポイントとして出てくるので、この映画でもついついフクロウばかり注目してしまいました。


Bosch: The Garden of Dreams」(2016年スペイン・フランス)

« FOUJITA | トップページ | S.W.A.T. »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/66947913

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス:

« FOUJITA | トップページ | S.W.A.T. »