« 隠された記憶 | トップページ | チャーリーとパパの飛行機 »

2018年6月 6日 (水)

情痴 アヴァンチュール

もう1本、2005年の見逃しシネマで、近年私のお気に入り女優となったリュディヴィーヌ・サニエ主演の映画です。

夜中に見かけた女性に魅かれたとしても、あれほどストーカー的行動をするなんて、信じられません。
スーパーから後をつけたり、クラブまで追いかけたりするので、同棲している彼女もいるのになぜ?とか、仕事は大丈夫なのか?などと、突っ込みを入れつつ見ていました。

ジュリアンにつけられていると知った後も、恋人に言うわけでもなく普通に会話しているガブリエルの方もすごいですよね。
男を惑わすファム・ファタールだからなのかもしれませんが、外見は魅力的でも性格的にどうかと思うし、なぜジュリアンがあんなにメロメロになるのか、女性の私には不思議です。

後半はどんどん分からない展開になって、ついていきにくかったのですが、邦題の「情痴」も、原題にもある「アヴァンチュール」も、このストーリーにはそぐわないタイトルの気がしました。


Une Aventure」(2005年フランス・ベルギー)

« 隠された記憶 | トップページ | チャーリーとパパの飛行機 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/66812227

この記事へのトラックバック一覧です: 情痴 アヴァンチュール:

« 隠された記憶 | トップページ | チャーリーとパパの飛行機 »