« リッパー・ストリート ファイナル | トップページ | トミーとタペンス »

2017年12月15日 (金)

オリエント急行殺人事件

アガサ・クリスティの原作はもちろん、1974年の映画が大好きで17回も見ています。
40年以上ぶりの再映画化(間にテレビ版はあり)に喜び、新バージョンを見に映画館まで行きました。

数日前にNHKで放送されていたケネス・ブラナーのインタビューを見たのですが、今回はポワロの人間性の焦点を当てたとのことで、冒頭でエルサレムの事件まで詳しく描いていたのも、ポワロの犯罪に対するスタンスを示すためだったのでしょうか。

ポワロを深く描いた分、オリエント急行の乗客一人ひとりについての説明が少なくなり、犯罪が起こった理由や犯人の心情に関する描写、ポワロが推理を導きだした経緯は不足していたかなと思います。

なので、ミステリー好きには物足りないかもしれませんが、そもそもミステリー好きなら「オリエント急行の殺人」は定番なので、私同様、自分の予備知識で補えるからいいのかもしれませんね。

逆に、最後の晩餐のような構図や上から見下ろすカメラワークなど、ブラナー監督のテイストも楽しめますし、なぜかアクションシーンがあるのもご愛嬌。

1974年版のように、こちらでも豪華キャストが揃っていますが、ミス・デべナム役のデイジー・リドリーがとても印象的でした。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」では特別注目していなかったけれど、それは単に私がSW好きじゃないからなのかも。
また、ラチェットを演じるジョニデは、右眉や頬の傷のせいか、いかにもワルって感じの顔が、これまた良かったです。


Murder on the Orient Express」(2017年アメリカ)

« リッパー・ストリート ファイナル | トップページ | トミーとタペンス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/66165343

この記事へのトラックバック一覧です: オリエント急行殺人事件:

« リッパー・ストリート ファイナル | トップページ | トミーとタペンス »