« キリマンジャロの雪 | トップページ | ある秘密 »

2017年11月 4日 (土)

戦争より愛のカンケイ

タイトルだけ見るとシリアスな恋愛ものかと思いますが、ラブコメディでした。

女性恐怖症の中年男性と、自由奔放な若い女性が繰り広げる恋愛喜劇ですが、かなり突拍子もなかったです。
いくら一度に二つ以上のことができないからって、携帯で電話していたら服を着るのを忘れちゃって、素っ裸で出かけた挙句、電車に乗るまで気づかなかったなんてあり得ないでしょう?!

そんなバカバカしさもありますが、主人公が封印していた自分のルーツを彼女のお陰で再考する辺り、移民の国ならではの人種問題については考えされられました。
以前読んで本ブログでも掲載した、「パリ移民映画」にも紹介されていた作品だけのことはあります。

ジャック・ガンブランが、「刑事ベラミー」の犯罪者と対照的な真面目な役人で、最初ちょっとだけ違和感でした。
また、先日見た「92歳のパリジェンヌ」のリオネル・ジョスパンが本人役で出ていました。


Le Nom des Gens」(2010年フランス)

« キリマンジャロの雪 | トップページ | ある秘密 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/66011989

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争より愛のカンケイ:

« キリマンジャロの雪 | トップページ | ある秘密 »