« New York 結婚狂騒曲 | トップページ | 犬と私とダンナのカンケイ »

2017年8月 3日 (木)

シカゴ・メッド

シーズン1が終了しました。

シカゴ・ファイア」「シカゴP.D.」に次ぐスピンオフ作品ですが、医療ドラマとしては、正直それほど面白い感じはありませんでした。

ただ、前2作の登場人物がこちらにも被って出てくるので、そういう意味では関心度は維持できました。
「ファイア」のS4と「P.D.」のS3とのクロスオーバー・エピソードでは、前2作がまだそこまで視聴できていないため、若干ついていきにくかったですけれどね。

メンバーの中では、最初は「P.D.」のハルステッド刑事の兄ウィルに注目したのですが、延命拒否の患者を無理に蘇生した時点で、「医学生やインターンじゃあるまいし・・・」と医者としての対応の甘さに幻滅。

一方、最初は自信過剰な感じが鼻についたローズ先生の方が、後半は好きになってきました。でも一番は、オリバー・プラット演じるチャールズ先生です。
最終話で医学生としてやって来た元消防隊のジェフは、「ファイア」の頃から気に入っていたので、次シーズンからは彼が一番になるかな?と思っています。


Chicago Med」(2015~2016年アメリカ)

« New York 結婚狂騒曲 | トップページ | 犬と私とダンナのカンケイ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

ようさん、私も全話視聴しましたよ。
確かに・・・『ER』以来の「よくある展開」の域を越えていない気がしました。
チャールズ先生が、お気に入りですか?
確かに・・・・私も好きなんですが
どうも、この御時勢(時代?)だからか、
何事も「精神的に~」てな傾向に、正直「またか」という思いが(ゴメンね)
私は、チョイ先生が前髪を垂らした瞬間「格好イイわ!」と脳内叫びが(笑)
キャラ好きになるのも楽しいのですが
こういうドラマは、物語でグッと引き付けて欲しいナァという気がします。
S2以降、面白くなるかな?
設定を散りばめているが、まだ回収されていない気が(まだまだかな)
乞うご期待、ってことでしょyかね??

リィンさん、こんにちは。
チャールズ先生を好きな理由は、
精神科らしくないお気楽な(失礼!)感じのところです。
チョイ先生も嫌いではないのですが、PTSDが辛そうで・・・。
リィンさん的には、その辺りを掘り下げた方が、
物語として引きつけられるということになるのかな?
でも、オウムの一件は面白かったですけれどね。
私はやっぱりS2からのジェフに期待!です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65628403

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ・メッド:

« New York 結婚狂騒曲 | トップページ | 犬と私とダンナのカンケイ »