« 愛のあしあと | トップページ | セザンヌと過ごした時間 »

2017年6月19日 (月)

ルビー&カンタン

本当は俳優つながりで別の映画を見る予定でしたが、疲れて気分も良くなかったので、シリアスな映画を見る気になれず、コメディに鞍替えしました。

冒頭からカンタンが本当に笑えるキャラで、この映画にして正解でした。あそこまでKYで喋り続けられる能力に、妙に感心しましたが、ドパルデューの力量ですよね。

そしてそのカンタンの隣で、ずーっとムスッとして黙したままのルビーを演じるジャン・レノも、よく吹き出さずにいられるなーと思って、彼の役者魂を感じました。

ルビーはカンタンを嫌がって、ついてくる彼を振り切ろうとしていましたが、カンタンは頭は鈍くても腕力の面で頼りになりましたからね。

ルビーを追いかける敵たちに「怪力のデブ」なんて言われていましたが、最近のドパルデュー(「ハニートラップ」「愛と死の谷」)を見ているので、「この頃はまだ細い」なんて思っちゃいました。

監督は、「奇人たちの晩餐会」などフレンチコメディの旗手フランシス・ヴェベールです。


Tais Toi !」(2003年フランス)

« 愛のあしあと | トップページ | セザンヌと過ごした時間 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65444890

この記事へのトラックバック一覧です: ルビー&カンタン:

« 愛のあしあと | トップページ | セザンヌと過ごした時間 »