« 君のいないサマーデイズ | トップページ | ニュー・ブラッド »

2017年6月13日 (火)

フレンチ・コネクション

今月のフランス映画は俳優でつなげていこうと、「サハラ、熱砂の愛」のマリオン&カネつながりで見た「君のいないサマーデイズ」の次は、デュジャルダン&ジル・ルルーシュ&ブノワ・マジメルつながりで、こちらの作品を見ることにしました。

ジーン・ハックマンの同名映画でもモチーフになっていた、マルセイユからニューヨークまでの麻薬ルートに関わる話で、ミシェル判事や麻薬組織のボス、ガエタン(タニー)・ザンパも実在なんですね。

マルセイユのような街は、犯罪組織との癒着が根深そうなのは推測していましたが、1975年に判事が赴任して最初に手掛けた頃から、1980年代に撲滅するまで、ずいぶん時間がかかりましたね。

判事が主役なのかもしれませんが、途中はタニーの座を奪おうとする仲間ル・フーの争いが中心になって、判事は脇に追いやられた感がありました。
そのせいもあって、何だかタニーに同情してしまい、最後は哀しくなりました。

ミシェル判事をデュジャルダンが、タニーをルルーシュ、ル・フーをマジメルが、それぞれ演じています。


La French」(2014年フランス・ベルギー)

« 君のいないサマーデイズ | トップページ | ニュー・ブラッド »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65408060

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチ・コネクション:

« 君のいないサマーデイズ | トップページ | ニュー・ブラッド »