« ミケランジェロ・プロジェクト | トップページ | 月長石 »

2017年6月 3日 (土)

救命医ハンク ザ・ファイナル

最終の第8シーズンまでを見終わりました。

まず、前回記事(→こちら)以降の第7シーズンで、ディヴィヤが紆余曲折の末にラージとよりを戻しましたね。シーズン1で、親の決めた結婚相手をあんなに嫌がっていたのが、今となっては懐かしいです。

ハンクは相変わらず、新しい恋を見つけては破れしていましたが、シーズン8では、100話記念の回でジルが久々に登場。私は「ナイトシフト」を見ているので、久しぶりな感じはなかったけれど。
この頃から、エンディングの展開は予測できました。

最終話の一つ前の第7話は、音楽エピソードの回だったので、歌って踊っての楽しいストーリーのはずなのに、過去にハンクが病気の原因を突き止めて救った元患者たちが次々に現れ、もう終わりなんだと思って何だか悲しくなりました。
ちなみに、この回でハンクが救う患者には、クロリス・リーチマン(「シングルパパの育児奮闘記」)。

最終話は、まあ予想通りで、皆がハッピーエンドでした。でも、3年後の話はないまま終わってもよかったかなぁと、個人的には思いました。


Royal Pains」(2016年アメリカ)

« ミケランジェロ・プロジェクト | トップページ | 月長石 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65383040

この記事へのトラックバック一覧です: 救命医ハンク ザ・ファイナル:

« ミケランジェロ・プロジェクト | トップページ | 月長石 »