« 血の伯爵夫人 | トップページ | サスペンス映画のような夢 »

2017年6月10日 (土)

サハラ、熱砂の愛

ロマンチックアドベンチャーと聞いていたので、てっきりマリオン・コティヤールとギヨーム・カネの黄金カップルが恋人同士の役かと思いましたが、違いました。

1933年、サハラ砂漠で消息を絶った飛行士の恋人を探しに来るマリーと、捜索に協力するフランス軍の中尉アントワーヌの話で、実在の飛行士をモデルにした小説が原作のようです。

現地に駐留していたフランス軍は協力的ではないのですが、当たり前かなと思います。上層部からの指示がないのに独断で救出しようとするのは難しいし、しかも、危険な地域に捜索隊を出して、自分や部下の命に関わったら元も子もないですし。

アントワーヌだって、最初はマリーが行軍についていくことに反対していて、軍に居づらくなったから助けただけですものね。

アメリカ映画だったら、恋人が見つかってめでたしとなるのでしょうが、そこはフランス映画なので、かなりダークな結末もあり得るかと覚悟を決めて見ていたところ、そこまで悲惨なエンディングにならずに済んでホッとしました。

ギヨーム・カネは、もうすぐ公開の「Jappeloup(世界にひとつの金メダル)」がお薦めですので、興味のある方は劇場まで足を運んでみてください。


Le Dernier Vol」(2009年フランス)

« 血の伯爵夫人 | トップページ | サスペンス映画のような夢 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65399459

この記事へのトラックバック一覧です: サハラ、熱砂の愛:

« 血の伯爵夫人 | トップページ | サスペンス映画のような夢 »