« きっと、星のせいじゃない。 | トップページ | 私が、生きる肌 »

2017年5月20日 (土)

カンヌ映画祭開会式

以前書いたように(→こちら)、いつもは関心もない開会式ですが、今年70周年だそうなので、5月17日(水)に行われた式の録画放送を見てみました。

まずレッドカーペットですが、あんな風に全員を事細かに紹介するとは思いませんでした。米国アカデミー賞なんかと違い、対象となる作品も出席者も限られているからできることなのでしょう。

審査員長がペドロ・アルモドバル監督なのは聞いていましたが、「ラブストーリーズ」で見たばかりのジェシカ・チャステインや、「ピウス13世」「グレート・ビューティー」のパオロ・ソレンティーノも審査員でした。

そして、ウィル・スミス。過去の審査員の顔ぶれはよく知りませんが、ハリウッド・スターの参加はあったとしても、演技派や性格俳優が選ばれているように思うので、彼もとうとうその仲間入り? でも、一人陽気な感じで目立っていました。

もう一組レッドカーペットで見たのは、「Les Fantomes d'Ismael」の関係者たちで、アルノー・デプレシャン監督にマチュー・アマルリック、マリオン・コティヤール、シャルロット・ゲンスブール、ルイ・ガレル、イポリット・ジラルドと、このメンバーを見ただけで、もう映画を見たくなりました。


開会式そのものは、短くてあっという間なのですが、審査員長の作品がざっと紹介され、まだ見ていない作品を見たくなりました。

その後、コンペティション部門参加作品も紹介され、「このうち何本見るチャンスがあるかなー」なんて考えながら見ていました。

そして開会宣言には、司会(今回はモニカ・ベルッチ)とは別の人が出てくるのが通例らしく、アスガー・ファルハディ監督(「ある過去の行方」)を伴ったリリー=ローズ・デップ! 

ジョニデの娘がこんなに大きくなったかと驚きでしたが、ママのバネッサ・パラディにそっくりで、近い将来に女優として活躍する彼女の姿が見えるようだと思っていたら、すでに今年2本も彼女の出演作が公開予定でした。

« きっと、星のせいじゃない。 | トップページ | 私が、生きる肌 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リリーはシャネルのCMでもカリスマ性抜群ですよね♪親の七光りを超えてる感じがします。本当にヴァネッサにそっくりで、かわいいですよね。目はデップにも似てる気がします。

うわさん、今晩は。
そうなんですね、CMは見たことがありませんでしたが、
母娘2代でシャネルのミューズになるとは!
ところで、今年も仏祭が始まりますね。
私はまだ上映作品をチェックしていませんが、
うわさんは、気になる映画がありましたか?

ヴァネッサもシャネルのミューズだったんですね?すきっ歯がかわいくて大好きです。特に「橋の上の娘」が好きです。ようさんはご覧になられましたか?
仏祭行きますよー。ようさんは行かれますか?私はドヌーヴに会いたいので、ドヌーヴのは確実に観ます!オドレイ・トトゥのコメディも観たいですが・・・終電に間に合わないので断念です;

うわさん、今晩は。

年齢がわかってしまいますが(って、もうバレてるけど)、
バネッサが鳥かごに入ってるシャネルのCMは、当時話題だったんですよ。
「橋の上の娘」はよかったですね。

仏祭の作品を私もようやく確認しましたが、
うわさんは、ドヌーブ作品をご覧になる予定なんですね。
私はその日は仕事があるので、土曜にオドレイ・トトゥを見ます!

ヴァネッサのCM話題だったんですね!
ドヌーヴ大人気で、なんとかチケットとれました。
オドレイ観るんですね~。いいなぁ。また感想楽しみにしてます。
いろいろ観たいのありますが・・・体力と相談で、(笑)一作に留めておきます・・・。ほとんど配給決まってますしね。
ようさんと日時が合えば、お茶でも~と思ってましたが、またの機会ですね♪仏祭楽しんで下さいね。

ドヌーブ作品は、オープニングということもあり人気だろうと思いましたが、
チケットが取れて良かったですね。
私は、A・トトゥの他にもう1本、最近気になっているG・ガリエンヌの映画も
見ることにしました。
感想をアップしますので、うわさんもドヌーブに会った感想をお願いしますね☆

ようさん、こんにちは。
ようさんはセザンヌのもご覧になられるのですね。
一日二本はパワフルですね!まだまだ若いですよ~^-^
フランス映画は結構重いんで、なかなか一日二本は私的には消化しきれない感じです。セザンヌは画集だと魅力がわからなかったのですが、パリで本物を見たら、果物が瑞々しくて好きになった覚えがあります。
フランス映画祭の短編部門が、ショートフィルムフェスティバルに移動したので、明日行ってきます♪

うわさん、ショートフィルム・フェスティバルはどうでしたか?
確かに重いフランス映画を1日2本はキツイですが、
オドレィ・トトゥの方はコメディですし、大丈夫かな?と・・・。
セザンヌの静物画は好きなのですが、
人物についてはほとんど知らないので、映画が楽しみです。

コメディなら無理なく楽しめそうですよね♪
短編映画祭の感想をアップしてみました★

うわさん、返事が遅くなって、本当にごめんなさい。
短編映画の感想も、今拝見しました。
ドヌーヴが本当にお好きなんですね。
それに、いろんなタイプの映画を少しずつっていうのも楽しそう☆
お引越しもされたようなので(って、もうだいぶ経つのかな?)
体調に気を付けて新生活を送ってくださいね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65306644

この記事へのトラックバック一覧です: カンヌ映画祭開会式:

« きっと、星のせいじゃない。 | トップページ | 私が、生きる肌 »