« ラブストーリーズ エリナーの愛情 | トップページ | カンヌ映画祭開会式 »

2017年5月20日 (土)

きっと、星のせいじゃない。

相変わらず恋愛映画を見続けています。今回は、シャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートの「ダイバージェント」コンビが、兄妹から恋人に役柄を変えて出演している作品です。

病気の少女と青年の恋愛という話はありがちですが、ガンだろうと死期が迫っていようと、恋に一生懸命なのはどの少女も同じ!というわけで、不滅のテーマなのでしょうね。

でも、見るからに健康そうな?(失礼!)主人公だったので、「17歳のエンディングノート」のダコタ・ファニングのように、今にも消えてしまいそうな雰囲気はなく、安心して見ていられました。

好きな小説のラストのその後を必死で知りたがっていたのは、小説ではなく自分が死んだ後のためだったのでしょうが、「その後」はある意味、彼女自身で見つけられたのではないかと思いました。

劇中で流れるジェイク・バグの曲が印象的で、声に特徴があるからすぐに彼だとわかったのですが、最近名前を聞かないので充電中なのかと思ったら、ちょうど今、来日中のようです!


The Fault in Our Stars」(2014年アメリカ)

« ラブストーリーズ エリナーの愛情 | トップページ | カンヌ映画祭開会式 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65316047

この記事へのトラックバック一覧です: きっと、星のせいじゃない。:

« ラブストーリーズ エリナーの愛情 | トップページ | カンヌ映画祭開会式 »