« ザ・ウォーカー | トップページ | マックス・ペイン »

2017年4月17日 (月)

イコライザー

もう1本、デンゼル主演のアクション映画を。

ホームセンターで働く平凡な男マッコールが、どうして売春少女を助けようとしたのか気になりましたが、少女に同情したというだけでなく、やっぱり眠っていた素の自分が顔を出したということなのかなと思いました。
テリーを助けたとたん、汚職刑事を退治したり、勤め先の強盗に反撃したりするのが、タイミング良すぎだと思ったけれど、そう考えれば納得できます。

先の「ザ・ウォーカー」の影響で、近未来にいるデンゼルが頭から抜けず、最初のうちは現代が舞台なのが変な感じでした。
本を手放さないところや、秒殺で敵を倒すところも一緒だし。

とにかく強いので、最初は安心して見ていられましたが、途中でロシアン・マフィアに素性が割れるに及んで、ハラハラして見るのが辛くなりました。
でもラストは、マッコールに有利なホームグラウンドでの戦いだったので、サスペンスすぎず助かりました。

クロエ・グレース・モレッツは、重要な役ではあったけれど、意外にチョット出でした。


The Equalizer」(2014年アメリカ)

« ザ・ウォーカー | トップページ | マックス・ペイン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65159974

この記事へのトラックバック一覧です: イコライザー:

« ザ・ウォーカー | トップページ | マックス・ペイン »