2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« チャニング・テイタムの夢 | トップページ | ナイトシフト シーズン3 »

2017年3月29日 (水)

クロワッサンで朝食を

昔のフランス映画を何本か続けて見ていましたが、現代に戻ってきました。

フランスで老婦人フリーダの世話をするためにエストニアから来たアンヌの話ですが、エストニアにいるところから話が始まるのは予想していませんでした。
でも、アンヌのエストニアでの状況をみることで、フランスでの様子がより理解できたと思います。

フリーダのほうは、アンヌを雇ったステファンとの関係が最初はわからず、アンヌと同様に私も困惑しましたが、事実を知っても、フリーダ/ジャンヌ・モローならあり得るかと、妙に納得してしまいました。

フリーダと他のエストニア人が集まるシーンの時、フリーダがフランス語で他の人たちはエストニア語で会話するのが不自然な気もしましたが、互いに相手の話したい言語に合わせて譲歩はしないという対立を表していたのでしょうか。

単に、ジャンヌ・モローに今更エストニア語のセリフを覚えさせて言わせる訳にはいかない、ということだったのかもしれませんが、それなら全員フランス語にさせても問題はなかったような気もします。

それにしても、ジャンヌ・モローは、いくつになっても迫力ありますね!


Une Estonienne à Paris」(2012年フランス・エストニア・ベルギー)

« チャニング・テイタムの夢 | トップページ | ナイトシフト シーズン3 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/65094108

この記事へのトラックバック一覧です: クロワッサンで朝食を:

« チャニング・テイタムの夢 | トップページ | ナイトシフト シーズン3 »