« クリミナル・マインド シーズン11 | トップページ | ブリングリング »

2017年2月12日 (日)

マーシャルの奇跡

1970年代の初めが舞台の、実話に基づく映画です。

飛行機事故で選手やコーチが亡くなるのは知っていたので、乗り込むところから機内でワイワイやっている姿まで、ドキドキしながら見ていました。
話の中心はそこではないので、あっさりした描き方ではあったものの、残された遺族や仲間の気持ちは痛いほど伝わりました。

いわゆるサバイバーズ・ギルトがあっただろうことは容易に想像がつきますが、スカウトを担当していたレッドが、自分が連れてきた選手たちの死に責任を感じている様子は、特に辛さが身に染みました。

試合で成績を上げるというだけではなく、かき集められた新米選手たちが徐々に絆を深め、ライバル校もさり気なくサポートし、チームが再生していく過程が感動的でした。

悲しみの対処方法は人それぞれで、アメフトを否定したり、逆にアメフトに救いを求めたり、どちらも経験する人たちがいましたが、最後には皆が前に進むことができたならいいなと思います。

10年前の見逃しシネマなので、アンソニー・マッキーやケイト・マーラなど現在活躍中の若手俳優が高校生役で出ていました。


We Are Marshall」(2006年アメリカ)

« クリミナル・マインド シーズン11 | トップページ | ブリングリング »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64885389

この記事へのトラックバック一覧です: マーシャルの奇跡:

« クリミナル・マインド シーズン11 | トップページ | ブリングリング »