« マイ・インターン | トップページ | グレイズ・アナトミー シーズン12 »

2016年12月11日 (日)

アメリカン・ハッスル

今日はこちらの、実話に着想を得たストーリー。でも、「いくつかは事実」と冒頭で書いてあったところを見ると、創作の部分も多そうです。

この手の話にはありがちですが、誰が誰を騙しているかわからないというか、むしろ全員が誰かしら騙しているようで、真正直な人はほぼ皆無の映画でした。

そんな中で、ポリート市長にだけは同情してしまいました。ジェレミー・レナーが演じているので、好意的に取っちゃったっていうのもあるけど。
贈収賄に加担はしたかもしれないけど、目指したのは地元の発展と雇用の創出で、お金がないので仕方なく違法な組織とつながっただけのようだったし。

詐欺カップルのうち、アーヴィンよりもシドニーの手腕に驚きました。彼女が詐欺の手口を広げて、アーヴィンを大物に仕立て上げたと言っても過言ではないですよね。
最初、娼婦と見まがう格好のシドニーが出てきたときには、清楚で尽くす感じの役の多いエイミー・アダムスではミスキャストかと思ったけれど、アーヴィンの上をいくずる賢さのシドニー役は彼女に合っていると思い直しました。

もっとサスペンス性の高い実録ものかと思っていましたが、結構あっさりとして娯楽性にかなり流れた感じがあり、そのせいなのかアカデミー賞では、前評判とノミネート数のわりに、結局無冠に終わりました。


American Hustle」(2013年アメリカ)

« マイ・インターン | トップページ | グレイズ・アナトミー シーズン12 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64636021

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・ハッスル:

« マイ・インターン | トップページ | グレイズ・アナトミー シーズン12 »