« 聖杯たちの騎士 | トップページ | 2016年のまとめ »

2016年12月27日 (火)

ナイトクローラー

こちらは、アメリカでの公開時に面白そうで注目した作品です。

境界線ぎりぎりの取材を敢行するカメラマンの話と思っていたので、最初に出てきた主人公のルーが、無職の銅線泥棒だったのにはビックリしました。
無職の割には家もテレビも車もあって、何でかなーという気がしなくもないけど、家族から譲り受けたとかでしょうか。

報道パパラッチの存在に目を付け、どんどん頭角を現したところを見ると、ただの惨事撮影ではなく視聴者の見たい映像を見抜く才能があったのでしょうね。
ただ、カメラマンの仕事はまだ(良し悪しは別として)理解できるけれど、パワハラで他の人を巻き込む様子には、さすがに辟易しました。

よい構図のために遺体を動かしたりして、善悪の判断がどんどん薄れていくルーは、想定していた展開とはいえ、見るのが途中で辛くなってきました。
そしてラストは、サスペンスすぎると思っていたら、予想外の結末になって驚くと同時に、こんなエンディングでいいのかと若干疑問も感じつつ、これが世の中の現実ってことなのかなと諦観しました。

今はスマホのカメラで、誰もが事件・事故を撮影してテレビやネットに投稿できる時代になったので、こういう報道パパラッチの需要も減ってきているのでしょうか?
芸能パパラッチと種類は違うけれど、ダイアナ妃のことなんかも思い出しました。


Nightcrawler」(2014年アメリカ)

« 聖杯たちの騎士 | トップページ | 2016年のまとめ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64685775

この記事へのトラックバック一覧です: ナイトクローラー:

« 聖杯たちの騎士 | トップページ | 2016年のまとめ »