« バンク・ジョブ | トップページ | メイズ・ランナー1&2 »

2016年11月 3日 (木)

Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン17

すでに18シーズンも始まっていますが、このほど見終えた17シーズンと、その前に見て書きそびれている16シーズンを振り返ります。

まず、「シカゴ・ファイア」のスピンオフ「シカゴP.D.」とのクロスオーバーが何度かありましたが、前半か後半を見損ねてしまうのが嫌でした。

しかも、シーズン16の第20話では、外科医の犯人イエーツがダラス・ロバーツで、SVUではすでに犯人とわかっている彼の逃走&裁判が中心だったので、全部見たかったです。「シカゴPD」もまもなく放送されるようなので、後付けで見られるかもしれませんが。

逆にシーズン17に入ってからは、収監中のイエーツが何度も出てくるのが、話を引っ張りすぎな気がして、いくらダラス・ロバーツ好きでも、さすがにウンザリしてきちゃいました。

カリシがチームに馴染んできたと思ったら、ニックが去ることになりましたね。そして、シーズン16から登場の新警視正ドッズ(ピーター・ギャラガー)の息子ドッズもシーズン17で参戦。

このドッズ・ジュニアは、最初は何てことなかったけれど、親の威光を笠に着ることもなく、正義感を持って行動する姿に、徐々に好感を持ってきたところに、いきなりの退場でショックでした。


オリヴィアは、内務調査のタッカー(ロバート・ジョン・バーク)と付き合い始めました。確かに最近は信頼し合っている風だったけれど、昔は対立していたことを考えると、年月を感じます。

更にビックリは、ロリンズが妊娠したと思ったら、子供の父親がデクラン(ドナル・ローグ)だったこと! いつの間にそんな関係に?って、潜入の合間に会った時にたまたまそうなったってことなのか・・・?

お気に入りのバーバは相変わらずカッコよくて、訴追の難しい案件でもオリヴィアと協力し、裁判に持っていくところが頼もしいです。


Law & Order: Special Victims Unit」(2015~2016年アメリカ)

« バンク・ジョブ | トップページ | メイズ・ランナー1&2 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64494056

この記事へのトラックバック一覧です: Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン17:

« バンク・ジョブ | トップページ | メイズ・ランナー1&2 »