2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« ハンガー・ゲーム ファイナル1&2 | トップページ | キングスマン »

2016年10月25日 (火)

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

有休消化で会社を休んだので、久しぶりに映画館へ行き、コリン・ファースとジュード・ロウ共演のこちらの映画を見てきました。

トマス・ウルフの小説は読んだことがありませんが、調べた限り日本では、私が生まれた頃に出版されたのを最後に再版もされていないようなので、もう誰も読まないということなのでしょうか?

そのトマス・ウルフを見出し、冗長な文章を削って読みやすく編集したのがパーキンズだそうなのですが、編集者ってそこまで手を入れるものなのかと驚きました。
彼は、ヘミングウェイやフィッツジェラルドも手掛けていて、彼らの作品にも助言をしていたようだし、プロットや文体は作家の個性だとしても、何だか価値が下がった気がしました。

映画でも編集という過程が入って一つの作品になるので、そう考えればアリなのかもしれませんが・・・。
ただし映画も、編集権のない監督との間で揉めたというのはよく聞く話なので、作家がどこまで編集を受け入れるかにも依るのでしょうね。

アメリカ人の話なのにイギリス映画で、どちらもイギリス人俳優が演じていますが、配役的にはピッタリでしたし、女優陣(ローラ・リニーとニコール・キッドマン)もイメージに合っていました。

平日の昼間だったにしても、観客に70歳オーバーとおぼしきお爺さんが多くて、もしかして若い頃にウルフに傾倒していた人たちなのかなと思っちゃいました。
私のようにコリン様狙いの人はほとんどいなさそうでした。

そのコリン様は、まもなく「ブリジット・ジョーンズの日記」第3弾も公開されます。ブリジットの行く末にもはや興味はありませんが、ミスター・ダーシーとドクター・シェパードは気になります!


Genius」(2015年イギリス)

« ハンガー・ゲーム ファイナル1&2 | トップページ | キングスマン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64420958

この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ:

« ハンガー・ゲーム ファイナル1&2 | トップページ | キングスマン »