« ラッシュアワー | トップページ | リゾーリ&アイルズ シーズン6 »

2016年10月13日 (木)

セカンド・チャンス

死んだはずの主人公が甦るというSFっぽい設定の上、1シーズンでポシャったと聞いて、見るつもりがなかったのですが、「ホワイトカラー」のティム・ディケイが出ている一話完結犯罪捜査と知って、見てみることにしたドラマです。

単に甦っただけでなく肉体改造されて強くなり、しかも甦らせた張本人であるITの天才オットーと双子のメアリーのサポートで事件解決するのが面白く、私は結構気に入りました。
FBIの息子(これがティム・ディケイ)とずっと仲が悪かった父親が、捜査を通して絆を取り戻すところも、王道ながら楽しめたし。

メアリーと徐々に親しくなっていく点や、それをオットーが苦々しく思う様子もまあOKだったのですが、それがライバルのコナーに利用され、秘書アレクサの謎が絡むにつれ、1シーズンに詰め込み過ぎな気がしました。

オットーの開発したAIのアーサーが、「アイアンマン」のジャーヴィスみたいですが、こちらは姿付きで可愛かったです。

ラストは、昨日の「ラッシュアワー」と異なり、続きがありそうなエンディングだったので、ちょっとフラストレーション。その直前までは、駆け足でまとめた感じで、このまま終わっていい雰囲気だったのに残念でした。


Second Chance」(2016年アメリカ)

« ラッシュアワー | トップページ | リゾーリ&アイルズ シーズン6 »

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64358170

この記事へのトラックバック一覧です: セカンド・チャンス:

« ラッシュアワー | トップページ | リゾーリ&アイルズ シーズン6 »