« ロンゲスト・ヤード | トップページ | ザ・バンク 堕ちた巨像 »

2016年10月10日 (月)

デュプリシティ

今日も引き続き見逃しシネマです。
私にとって2000年代は、あまり映画を視聴していなかった暗黒時代(⁈)で、見逃している作品が多いのですが、最近その分を取り返そうと見始めていて(「ハンコック」や「ペネロピ」なんかもそう)、こちらもそんな映画の一つです。

もっとシリアスなサスペンスかと思っていましたが、そこはジュリア・ロバーツとクライヴ・オーウェンなので、ロマンチックな要素もたっぷりでした。

産業スパイの話と聞いていたけれど、2人が出会った頃は、それぞれCIAとMI6のエージェントだったぐらいなので、スパイとしては本格的でした。
それに、失礼ながらトイレタリー業界(B&RはP&Gのもじり?)なのに、大がかりなスパイ合戦や社長の影武者まで用意ってすごすぎる・・・。

5年前の最初の出会い、そして現在、それから2年前の再会と、時系列が前後するのが3回、4回と増えるにつれ、混乱したりもしましたが、スパイの宿命としてお互いを信じきれない状況はよくわかりました。

ラスト30分は、さすがにサスペンス度は高かったけれど、結末は読めたので、こんなもんかなという感じです。


Duplicity」(2009年アメリカ)

« ロンゲスト・ヤード | トップページ | ザ・バンク 堕ちた巨像 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64328601

この記事へのトラックバック一覧です: デュプリシティ:

« ロンゲスト・ヤード | トップページ | ザ・バンク 堕ちた巨像 »