« デス・レース | トップページ | Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン17 »

2016年10月31日 (月)

バンク・ジョブ

もう1本ステイサム作品を。こちらも素手のファイトは少な目でした。

実話の映画化ですが、多少の創作は入っているのでしょうか? 王室スキャンダル写真を回収するために諜報員が銀行強盗を手配するのもありえないですが、偶然銀行の下にトンネルが通っていて掘らずに済んだとか、トランシーバーの会話をアマチュア無線家が傍受して通報したのに捕まらなかったとか、どこまで事実なのかな?

果ては、巻き添えで貸金庫の中身が盗まれたポルノの帝王にまで追われるのですが、何で犯人が分かったかというと、強盗団の一人が彼のポルノに出ていて面が割れたっていう、ホントだったらすごすぎ・・・。

1971年の話ですが、写真をゆすりに使っていた男がマルコムXにちなんでマイケルXと名乗り、彼のパーティにジョン・レノンがいたりして、時代を感じさせました。
諜報員が裏切ってモスクワに逃げるんじゃっていう、冷戦時代ならではのブラックジョークもありましたし。

諜報員と駆け引きしたり、汚職警官に正体がバレたりした後半は、かなりスリリングで、てっきり痛快アクションかと思っていたのに、サスペンス性の高い映画でした。

銀行強盗の実話と聞いてパッと思い出したのは、50年代が舞台の「ブリンクス」という映画。最近は大がかりな銀行強盗ってあまり聞きませんよね。宝石店やATMを狙う話の方が耳にする気がします。
現金決済が減って多額の現金を置かなくなったので、銀行を襲っても割に合わないってことなのかな??


The Bank Job」(2008年イギリス)

« デス・レース | トップページ | Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン17 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64458489

この記事へのトラックバック一覧です: バンク・ジョブ:

« デス・レース | トップページ | Law & Order:性犯罪特捜班 シーズン17 »