« Hawaii Five-O シーズン6 | トップページ | ペネロピ »

2016年9月30日 (金)

インサイド・ヘッド

アニメと侮っていましたが、かなり楽しめました。

人間の頭の中にある感情をそれぞれ表したっていうだけで、すごい想像(創造)力だとは思っていましたが、実際に見てみると、過去の思い出や人格形成の流れ、夢の制作現場や潜在意識の場所など、よくこんなこと考えつくなーと感心しきりでした。

大笑いしたのは、ママとパパの頭の中まで出てきた時。てっきりライリーだけだと思っていたので・・・。しかも、パパの方は、ママの話を聞いていないのが丸わかりで、焦っている様子が大ウケでした。

ずーっとポジティブだったヨロコビ(Joy)がとうとう悲しげになっちゃった時には、さすがに「やめてー。あなたが泣いてどうするの⁈」と思ってしまいました。
人騒がせなカナシミ(Sadness)にムカムカ(Disgust)したりもしたけれど、最後はうまくいってよかったです。

自分のことを振り返って、私もこんな風に様々な感情を得たり失ったりしながら生きてきたんだなーと考えました。どの時点で子供らしい純真な感情を失ったのかは、よもや記憶にありませんが。

そして今の私の感情は、映画を楽しめたので基本ヨコロビ。ちょっとジーンときたシーンもあったのでカナシミ少々。なので、黄色に青い縞が一本入った球が、ゴロゴロ転がっていったことでしょう。


Inside Out」(2015年アメリカ)

« Hawaii Five-O シーズン6 | トップページ | ペネロピ »

映画」カテゴリの記事

コメント

ようさん、今日はコチラで(ペコリ)
ず~っとず~っと以前に録画してありましたが、本日やっと視聴しました。
侮れないワァ。子供向けなんて、ウソウソ!
大人も十分楽しめるし、得るものがある作品でしたよね。
ヨロコビがカナシミの大切さに気が付くシーンに感動!
そして、ビンボンがヨロコビを助ける為に、自分を・・・・ココは涙目になっちゃった。

そうそう!パパ&ママ、そしてみんなにも同じような指令室が・・・笑
ラストのエンディングのワンニャンには、笑った・・・
特にニャンが、成り行き任せ&考えていない風には爆笑!
でね、最も胸に残ったのは・・・ママの司令室です。
ママの司令室では、カナシミが司令塔になっていた。
コレって・・・大人になるって、そういうことなんだなぁってシミジミしちゃいましたよ。
新年早々って・・・まぁ見たのは今だしね(笑)
良質作品からスタート!できましたよ。
今年もお付き合い、よろしくお願い致します(ペコリ)

リィンさん、私も同じところで涙目&爆笑でした。
そして、大人の女性としては、やはりママの指令室に感情移入しました。
アニメは昨年いくつか見ましたが、ここまで楽しめたのは久々でした。

リィンさんも、面白かったor感動した作品など、またいろいろ教えてくださいね。
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/64290656

この記事へのトラックバック一覧です: インサイド・ヘッド:

« Hawaii Five-O シーズン6 | トップページ | ペネロピ »