« ビッグ・ピクチャー | トップページ | フランス特殊部隊GIGN »

2016年6月25日 (土)

愛と死の谷

フランス映画祭が始まりましたが、今年見に行ったのはこちらの1本だけです。

イザベル・ユペールとジェラール・ドパルデューの共演ですが、全編ほぼこの2人の会話中心で、他の人が出てくるのはほんの少し。名優2人のやり取りだからこそ最後まで引っ張れるんだろうなーと思いながら見ていました。

基本は、子供を亡くした元夫婦がデスバレー(=死の谷)を歩くというシリアスな話で、私は子供がいないので子供に先立たれることもないわけなのですが、親としての心情についても考えさせられました。
役名もそれぞれイザベルとジェラール、2人とも俳優という設定だったので、よけいリアルなストーリーに感じられました。

でっぷり太ったドパルデューの、肥満に対する自虐ネタもあり・・・。「ハニートラップ」でも見た巨腹丸出しの水着姿で登場し、ここまでくると意図的にあの体型を維持しているのだろうかと疑いたくなりました。

上映後のトークショーでは、ユペールが質問に答えて、「愛、アムール」のハネケ監督とジャン=ルイ・トランティニャンと再コラボする最新作の話をしてくれて、そちらも公開されたら見てみたいです。

昨年同様、会場に掲示されていたポスターを写真に収めましたので、こちらも載せたいと思います。

Fff_2016



Valley of Love」(2015年フランス)

« ビッグ・ピクチャー | トップページ | フランス特殊部隊GIGN »

映画」カテゴリの記事

コメント

ようさん、こんにちは!
先日はご一緒させていただき、ありがとうございました。
ユペールはシミやシワも味になるような、美しい年の重ね方をされてましたね。ピンヒール似合っちゃうのもすごい!
ドパルデューはようさんの裸話で盛り上がった後だったので、笑いをこらえるのが大変で・・・;暑いところがロケ地だったとは言え、どれだけ裸になりたいんだ~と思いました(笑)でも、なんか熊の着ぐるみみたいでかわいかったけど。
映画はあまり見たことがない雰囲気という感じのものでしたね。
息子の姿をあえて出さなかったのがよかったと思うし、ギョームを亡くしたドパルデューのことを思うと、切なくなりました。

うわさん、こんにちは。
こちらこそありがとうございました。

あの姿のドパルデューを可愛いと言えちゃうなんて、うわさん、すごい!
私は、とにかく直視したくない、って感じだったので・・・。
ユペールと2人で向かい合っているシーンは、お相撲さんと子供みたいでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63828753

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と死の谷:

« ビッグ・ピクチャー | トップページ | フランス特殊部隊GIGN »