« シンデレラ | トップページ | カルテット! 人生のオペラハウス »

2016年6月11日 (土)

アンコール!!

引き続きディズニー系を見ようと思っていたのが、気が変わってこちらの音楽映画に鞍替え。

頑固な父(テレンス・スタンプ)と、それに反発する息子(クリストファー・エクルストン)、そして緩衝材だった母(ヴァネッサ・レッドグレーブ)が亡くなり...と、ありがちなストーリーではあるものの、コーラスという要素が加わって、なかなか感動的な作品でした。

無骨ながらも妻への愛情あふれるアーサーと、そんな夫を理解している妻マリオンの、夫婦のあり方がとてもステキだなぁと思いました。

そして、妻の遺志を汲んで参加することになった合唱団の、指導をする音楽教師(ジェマ・アータートン)との奇妙な友情関係も面白いですね。

テレンス・スタンプは、「コレクター」や「イギリスから来た男」、そして「プリシラ」の女装など、ひとクセある役のイメージが強かったけれど、ここでは普通の老人ぶりが味わい深かったです。

この邦題は、コーラスの話ということを分からせたかったからかもしれませんが、もう少し原題を生かしたタイトルでもよかったかな?と思います。


Song for Marion」(2012年イギリス)

« シンデレラ | トップページ | カルテット! 人生のオペラハウス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63769166

この記事へのトラックバック一覧です: アンコール!!:

« シンデレラ | トップページ | カルテット! 人生のオペラハウス »