2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

マイベスト2015

マイベスト2014

« アメリカン・アイドル フィナーレ | トップページ | ジャージー・ボーイズ »

2016年4月18日 (月)

ワン チャンス

昨日「アメ・アイ」フィナーレを見たので、同じくサイモンが審査員を務めたイギリスのオーディション番組を題材にした実話を見ることにしました。

子供の頃から太っちょでいじめられっ子だったポール。唯一の慰めはオペラを歌うことだった彼は、大人になって携帯ショップで働く今も、オペラ歌手になる夢を捨てきれません。
チャットルームで知り合ったジュルズと、1年間メールでやり取りした後で初めて会うことになり、ドキドキしたのもつかの間、すぐに意気投合します。


本筋はオーディション番組で成功するまでの過程なのですが、ジュルズとの恋愛を描いたラブストーリーとしてだけでも映画が成り立ちそうでした。

2人とも美男美女ではないけれど、すごくキュートなカップルで、会う前にそれぞれブラッド・ピットとキャメロン・ディアス似と言っていたため、会ってからもキャメロン、ブラッドと呼び合っているのも微笑ましかったです。

イタリアの音楽学校まで行ったのに、何でもっと早く成功しなかったのかと思ったけれど、自信喪失していた上に、怪我やら病気やらでチャンスを逃し、諦めてしまっていたんですね。
でも、奥さんになったジュルズが献身的に彼を支え励ましていて、本当にすごいなと思いました。

ラストのテレビ番組のシーンでは、サイモン他、審査員の表情やコメントは、そのまま当時の映像を使っていたようですね。彼が話題になっていた時のことは私も覚えていましたが、今回映画の後で、YouTubeを見て再確認しました。

ポールを演じるのは、私が最近気に入っているトーク番組「レイトX2 ショー」でホストをしているジェームズ・コーデン。ゲストとのトークの他に、トム・ハンクスやマット・デイモンと出演作の再現をしたり、アデルやエルトン・ジョンと「カープール・カラオケ」なるコーナーで一緒に歌ったりしていて面白いです。

歌の上手い彼ですが、この映画ではオペラだからか実話のせいか、ポール・ポッツ本人による吹き替えでした。まだ見ていないけれど「イントゥ・ザ・ウッズ」では、おそらく美声を披露してくれていると思うので、早い機会にそちらも見てみたいと思います。

« アメリカン・アイドル フィナーレ | トップページ | ジャージー・ボーイズ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63509475

この記事へのトラックバック一覧です: ワン チャンス:

« アメリカン・アイドル フィナーレ | トップページ | ジャージー・ボーイズ »