« 空飛ぶペンギン | トップページ | ルーシー »

2016年4月10日 (日)

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

先日思わぬところでエージェント・コールソンを見たからというわけではないのですが、今日はアベンジャーズ・ファミリー「キャプテン・アメリカ」の続編を見ました。

シールドとの合同任務で、テロに占拠された船の奪還に成功したキャプテン・アメリカ。同行したブラック・ウィドウが、船のデータをダウンロードしているのを見て、フューリー長官に説明を求めます。
長官からインサイト計画という新しい防衛システムについて聞かされますが、その後、長官が何者かに襲撃され、キャプテン・アメリカが背景を探るうち、ウィンター・ソルジャーという敵の存在が明らかになります。


今回は、キャプテン以外の人たちの活躍が目立ちました。ブラック・ウィドウやフューリー長官にエージェント・ヒルも。

でも、一番カッコよかったのは、キャプテンがランニング中に出会って、「誰も信用するな」と長官に言われた後で頼るサム。彼はファルコンとなって共に戦い、今後も出るらしいので楽しみです。

シールドのストライク・チームのリーダー、ラムロウもカッコイイなーと思って見ていたら、逃亡者となったキャプテンを追う敵側になっちゃって、あれぇという感じでした。まあ、私って悪役好きだけど。
悪役といえば、私の愛するロバート・レッドフォード様(「オール・イズ・ロスト」)演じるピアースは、もはや欲目で、役柄のいい悪いに関係なく、ド注目happy01

アクションもすごかったけど、私が感心したのは、キャプテンが向かってくる戦闘機に盾を飛ばして、機体を損傷させて墜落させるところ。盾ってこんな使い方もできるんだー。

フューリー長官が死んだと見せかけて生きていたというのは、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でも描かれていましたが、ここでは生きているのをしばらく内緒にって言ってたので、ドラマの方ではしばらく秘密が守られていたんですね。

キャストはほぼいつものメンバーですが、今回から参加のファルコン役は、以前見た「アジャストメント」のハリー役も印象に残ったアンソニー・マッキーです。

ちなみに、冒頭のサムと出会うシーンで、マービン・ゲイの「トラブルマン」を薦められてキャプテンが手帳にメモるのですが、思わず静止画像で中身をチェックしてしまいました。
見逃した方のため、手帳の内容は以下の通り。

  アイラブ・ルーシー(テレビ)
  月面着陸
  ベルリンの壁(作られ、壊された)
  スティーブ・ジョブズ(アップル)
  ディスコ
  タイ料理
  スター・ウォーズ/スター・トレック
  ニルヴァーナ(バンド)
  ロッキー(ロッキー2?)
  トラブルマン(サウンドトラック)

はてな?も含め、すべて原文の日本語訳です。何だか脈絡がないですが、キャプテンが氷漬けになっていた70年の間に見逃したお薦めや、知っておくべき出来事と言われたものを書いているんでしょうね・・・wink

« 空飛ぶペンギン | トップページ | ルーシー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63467898

この記事へのトラックバック一覧です: キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー:

« 空飛ぶペンギン | トップページ | ルーシー »