« キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー | トップページ | ラスト・ターゲット »

2016年4月11日 (月)

ルーシー

先の「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」で、スカヨハのアクションが超クールだったので、こちらの映画も見てみたくなりました。

台湾滞在中のルーシーは、知り合ったばかりのリチャードに頼まれ、ホテルに宿泊するチャン氏に鞄を届けたところ、拘束されてしまいます。
殴られ気を失った後、目覚めたらお腹にドラッグを入れられていて運び屋にされますが、途中でドラッグの袋が破裂。新種のドラッグはルーシーの脳を活性化させ、超人的な力を得るようになります。


スピーディな展開の上に、一時間半と短いこともあって、あっという間でした。最初の方はちょっとだけ冗漫な気もしましたが、後半は目が離せませんでした。


どんどん脳の働きが進んでいく様子がすごかったのですが、お酒飲んでも鈍くなんないのかなーとか、かなりのことができているのにまだ70%か!とか、あれこれ考えながら見て楽しめました。

脳を使えば使うほど人間的な感情が薄れていく、とルーシーが言っていて、やっぱり最後はロボットと化してしまうってことなのかなと思ったりも。

また、パリの街中を車で暴走するシーンでは、リヴォリ通りの歩道を突っ切っていたようなのですが、さすがにロケじゃなくて、セットとVFXですよね?

ラストは想像をはるかに超えた別次元に行っちゃった感じですが、面白い映画でした。

ルーシーのスカヨハと、彼女が頼る脳の研究者役モーガン・フリーマン以外に知ったキャストはなし。
監督は、フランスが誇るアクション映画の巨匠リュック・ベッソン(「96時間」)です。

« キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー | トップページ | ラスト・ターゲット »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63468042

この記事へのトラックバック一覧です: ルーシー:

« キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー | トップページ | ラスト・ターゲット »