« 恋の闇、愛の光 | トップページ | エレメンタリー シーズン3 »

2016年3月23日 (水)

ファウンテン

今度は更に古い、中世スペインが舞台の恋愛、と思ったら、中心は現代でした。

医者のトミーは、妻イジーを不治の病から救うため、サルを使って日々実験を繰り返しています。彼の努力も虚しく新薬は発見できず、徐々に弱っていくイジーは、自分の書いた「ファウンテン」という小説をトミーに託し、続きを書き上げてほしいと頼みます。その小説は、中世の騎士が女王の命令で「生命の木」を探しに行く話でした。


現代の夫婦と中世の騎士、そして未来のトミーらしき人物が交互に描かれますが、繋がりを把握するまで、何が何だかわかりませんでした。
でも、不思議と目が離せなくて、理解不明な幻想的な映像も、決してつまらなくはありませんでした。


雪の降り積もる白の映像がすごくきれいだったし、未来のトミーと生命の樹のビジュアルもSF的で印象に残りました。
話の内容を完全に理解したとは言い難いけれど、監督の世界観は十分堪能できたと思います。

その監督は、「ブラック・スワン」「ノア 約束の舟」と、すっかりメジャー化した感のあるダーレン・アロノフスキーですが、元はといえば「π」に代表される独特なインディペンデント系映画作家でしたものね。
この時監督のパートナーとなった、レイチェル・ワイズの美しさも引き立っていました。

主人公のヒュー・ジャックマンは、今より若いせいもあって、未来のトミーのスキンヘッドがマイケル・ファスベンダーに見えたけれど、現代のトミーの彼は「ニューヨークの恋人」を思わせるカッコよさでした。
愛する妻を失いそうになって苦悩する姿には、同情を禁じ得ませんでした。

他のキャストには、現代のトミーの研究室の上司にエレン・バースティン。中世の騎士トマスの部下にはクリフ・カーティス。女王に協力する神父にマーク・マーゴリスでした。

« 恋の闇、愛の光 | トップページ | エレメンタリー シーズン3 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570808/63403647

この記事へのトラックバック一覧です: ファウンテン:

« 恋の闇、愛の光 | トップページ | エレメンタリー シーズン3 »